({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2018年04月27日
シリーズ名FATAL TWELVE
作家 あいうえおカンパニー
シナリオ あけお
イラスト 塩こうじ
声優 松井恵理子 / 角元明日香 / 駒形友梨 / 野村香菜子
音楽 Low
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル
ファイル容量
総計 2.4GB
動作環境
解像度1280 x 720

作品内容

■ジャンル:
サスペンス・ビジュアルノベル

■あらすじ:
命を落としてしまった12人。
彼らには、それぞれ再び生きることのできるチャンスがあって……?
ただし、選ばれるのはたった一人。
主人公・獅子舞凛火が≪女神の選定≫に挑む。
これはデスゲームではなく、生きるためのライフゲーム……。

喫茶ライオン館のマスター代理を務める女子高生・獅子舞凛火は後輩・日辻直未との帰宅途中、突然、電車内で爆発に巻き込まれる。
直未をかばった凛火は、虚しくも命の終わりを迎えた。
だが、気付けば凛火の死はなかったかのように、いつもと変わらず喫茶店で直未たちと談笑をしていた。

「ようこそ、運命の奴隷の皆サマ――」

数日後、凛火は夢の世界で女神・パルカと出会う。
一度迎えた死の運命は改変され、≪女神の選定≫と呼ばれる12人が12週間の間に脱落させ合うという儀式の参加者になっていたことが明らかとなった。戸惑う凛火は、選定の参加者の中に友人・未島海晴の姿を見つけ……?

必要なのは、現実世界で参加者の「氏名・死因・未練」の情報を集め、相手を「指名」することだった。

凛火自身の死の真相と未練。
彼女に命を捧げると宣言した海晴の動向。
自らが生き残るため、それぞれの手段をとる他の参加者たち。

凛火に訪れるのは、様々な想いとの直面。

そして、いくつもの生と死の果てに待つ凛火の決断とは――?

■メインキャスト:
 獅子舞凛火/松井恵理子
 日辻直未/角元明日香
 未島海晴/駒形友梨
 運命の女神パルカ/野村香菜子

■作品情報:
 プレイ時間目安:15-20時間程度
 CGイラスト:60枚以上
 音楽:40曲以上
 ボーカル曲2曲

■スタッフ:
 シナリオ/あけお
 原画・彩色・キャラクターデザイン/塩こうじ
 音楽/Low
 背景/けいまる,キューンプラント,VISMODEL,千住工房
 スクリプト:ダニエレP

作品情報/動作環境

CPU
Pentium 4 1.8 GHz以上
メモリ
2 GB RAM以上
HDD
6 GB以上
DirectX
Version 9.0以上

FATAL TWELVEの同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「FATAL TWELVE」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

デスゲームというより人間ドラマ

2018年05月07日  

このレビューは参考になった×0人

この物語はあらすじを見るとデスゲームのように見えますが、
同じ日に様々な未練を残しながら死んでしまった12人の参加者達の人間ドラマという面が強いです。

12人それぞれが目的を持って選定に参加し、時には残忍な行動に出ることもありますが、単純な善人・悪人は一人も存在しません。

選定が進むにつれ参加者の心情は様々に変化し、人間の多面性が見られるのが興味深い作品でした。

描き方はややあっさりとしているかな、と感じる面もありましたが、その分ダレることはなく、最後まで一気に読めました。

フルボイスのうえ多くのCG、2つのボーカル曲、と演出面のレベルも高く、値段分の価値は十分あります。

ノベルゲーム好きならプレイして損はないでしょう。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!これは、死から始まる命の物語

2018年04月29日  

このレビューは参考になった×0人

※ネタバレ※ このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。 レビューを表示する

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]