({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2018年03月21日
最終更新日2018年03月27日
シリーズ名黒ねこカンちゃん
作家 島田つき
シナリオ 島田つき
イラスト 島田つき
音楽 クラシック名曲サウンドライブラリー
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル
ファイル容量
71.21MB

作品内容

黒ねこカンちゃんの絵本がデジタルノベル化!
BGM付で、クリックしながらゲーム感覚で読み進められます。

体験版ダウンロードできますので、購入を検討している方はぜひお試しください♪

原画はアクリル絵の具で描きました。

クロックロとカンちゃんの絆と成長の物語。

本編を知っている方がわかりやすいですが、この作品単体でも楽しめます。
「黒ねこカンちゃん」本編(ネット公開中)
http://kurokkuro.zashiki.com/kanchanmanga1.html


「四葉のクローバーは幻の存在なんだよ。見つけたら幸せになれるんだって」
あることがきっかけで家出を決意したカンちゃん。
おかあさんを探す旅の果てに、たどり着いたのは――。


・画像25枚
・総容量約100MB

付録
・絵本画像(文字なし)
・個展「はじまりとその先と」PV(MP4)
・絵本関連イラスト(9枚)

バージョンアップ情報

  • 2018年03月27日
    誤字脱字修正その他
    体験版をアップロードしました。
    アイコンを付加しました。
    付録の絵本画像の順番が一部逆になっていたものを修正しました。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「オリジナル絵本「その先と」(デジタルノベル)」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

癒し(2)
おすすめ!切なくも優しい作品

2018年03月28日  

このレビューは参考になった×2人

レビュアーが選んだジャンル :

すべてがハッピーで楽しいだけの作品ではありませんが、全体に登場人物(猫ですが)や製作者の方の優しさが漂う、いいお話でした。
読後には切なさと「よかったね」という爽やかな気持ちが残ります。

こういった作品だと、えてして「泣かせたい」と思って変に大仰な表現をしてみたり、「考えさせたい」と思って逆に解りにくい話になりがちですが、本作はそういったことはなく、シンプルながらも心に訴えるよくまとまった作品になっています。
個人的には、猫たちがお互いを尊重し合う様子がとてもよく伝わり、学ぶべきところも感じました。

イラストも可愛らしく、時にちょっと怖く、温かみのあるいい雰囲気です。欲を言えばもうちょっと元気いっぱいに遊ぶカンちゃんが見たかったかな。


ちょっと重めなテーマながら、ポップで温かいイラストと過不足のないわかりやすい文章でまとめ、読者の胸に切なく優しい気持ちを残してくれます。
もっと色々読んでみたいなー。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

子供と一緒に読みたい作品

2018年03月23日   投稿数 : 4位

このレビューは参考になった×2人

レビュアーが選んだジャンル :

この作品はむしろ大人が子供と一緒に見たい物語ですね。ほのぼのしているように見えてちょっぴり悲しく、実は考えさせる内容なので、子供に説明したり意見を聞いたりしながらゆっくり読み進めるのがよいように思いました。

そうでなくても、作品のどのページにも猫が登場しているので猫好きなら絵を見るだけでも楽しい作品だと思います。おまけのイラスト集もあるので気に入った一枚が見つかるかもしれません。


ちなみに、この作品の元となっている四コマ劇場は猫を飼っている人ならよく分かるあるあるネタが多いので猫の好きな方ならきっと面白く読めると思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]