({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2018年02月21日
シリーズ名fault
作家 アリスン・リーヴェ
シナリオ MUNISIX
イラスト 小夏はれ
音楽 Foxtail-Grass Studio
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル
ファイル容量
総計 3.54GB

作品内容

【作品概要】
本作はfaultシリーズ世界で登場する童話『フェアリー・ベル』のビジュアルノベルです。
立ち絵を使わず、ストーリーに合わせた150点もの描き下ろしイラストのみで構成しました。
3Dカメラを駆使した多彩なカメラワークと、切なくも優しいBGMで彩られた演出をご堪能ください。

本作はスピンオフ作品のため、fault本編のキャラクターやあらすじの知識不要でお楽しみ頂けます。
また、本編ネタバレも含みませんので本編未プレイの方にもオススメです。

作品ティザーサイト:http://projectwritten.com/fairy-bell

【あらすじ】
マルベル孤児院で暮らす少女「マクナ」とその友達「セビア」。
いじわるな孤児院院長ティグラ・アンのもとでの生活はつらく、さびしいものがありました。それでも二人は、二人なりの楽しみを見つけては、日々をささやかに過ごしていました。

しかし、孤児院には「10才になっても里親が見つからないと、動物に変えられ、売られてしまう」という逃れられない決まりがありました。

もうすぐ10才になるマクナは奇跡の存在”フェアリー・ベル”に思いをはせます。
つらい境遇にある子ども達を永遠の幸せの地”エンレス・ランド”へいざなうフェアリー・ベル。
彼女が心からベルのことを信じ、救いを求めたとき、奇跡は起こりました。

「待たせてごめんなさい、マクナ。助けに来たよ。」

そう言ってベルはマクナを永久の幸せが約束された場所エンレス・ランドへと導きます。
「永遠にオトナにならないこと」を条件に―――

作品情報/動作環境

CPU
Intel Core i5 2500
メモリ
8GB
HDD
2GB

マクナ=グラムラとフェアリー・ベルの同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「マクナ=グラムラとフェアリー・ベル」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!名作絵本の世界

2018年02月22日   投稿数 : 9位

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

この作品は通常のノベルゲームとは一線を画すもので、まるで動く絵本を見ているように物語が進みます。さりげなくこの世界ならではの用語も登場して海外絵本の翻訳版を読んでいるようでもありました。優しいタッチの絵と音楽も素晴らしく、同人作品というよりも芸術作品と言った方がふさわしい作品です。

それから、内容についてはきっと子供のような素直な気持ちで追っていくのが正解だと思います。大人の視点だとどうしても穿った見方をしたり裏を考えてしまいがちですが、きっとそれはいろいろ心が汚れているせいに違いありません。もしこの作品を普通の絵本として子供たちに読ませたらどういう感想が出るのかとも思ってしまいますが…

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]