({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2018年01月17日
シリーズ名R's ROOM 技術書
作家 柳井政和
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数24ページ
ジャンル
ファイル容量
2.47MB

作品内容

JavaでARマーカー認識プログラムを、フルスクラッチで書いた時のレポートです。入力画像からマーカーを検出して、3D上に配置するまでのアルゴリズムを解説しています。

ARマーカーを認識する基本的な処理の流れとともに、その処理の内容を、文章と図で説明しています。

-目次-

● はじめに
  AR マーカー
  ARToolKit
  独自ARマーカー認識プログラム開発の経緯
  独自ARマーカー
● アルゴリズムの大枠
  はじめに
  処理の流れ
  用語解説
● プログラムを書く前に
  GC対策
  オブジェクトの参照
  ループの判定内で計算を行わない
  キャストを避ける
  配列のコピーには、System.arraycopyを使う
  その他細かな無駄を省く
● 画像の加工
  ガウス・フィルタ
  2値化
  ラベリング
  ラベルの排除
  ラベルに付随して記録する値
  通常のARマーカーを認識する方法
● パターン認識
  ラベルのソート
  パターン形成
  4×4の行列を符号化
● 空間認識
  はじめに
  モデル・ビューのX軸、Y軸、Z軸を計算
  Z方向の移動量を計算
  X、Y方向の移動量を計算
  モデル・ビューの行列を生成
● 終わりに

ARToolKitを使わずにARマーカーの認識をフルスクラッチで作る方法の同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「ARToolKitを使わずにARマーカーの認識をフルスクラッチで作る方法」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件