同人 > 軍師・参謀を志す人のために > 軍師・参謀を志す人のために > シン・ゴ○ラ プロジェクトチーム 巨災対が直面する課題(「 軍師・参謀を志す人のために Vol.26 」)

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
Download : {{ product.dl_count }}
{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2018年01月10日
シリーズ名軍師・参謀を志す人のために
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数54ページ
イベントコミックマーケット93
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

< もくじ >
1. プロジェクトチーム 巨災対
 ・映画「シン・ゴ○ラ」を見た興奮
 ・「軍師・参謀」の役割を考える素材として
 ・巨災対を中心とした「シン・ゴ○ラ」のあらすじ
 ・巨災対は「プロジェクトチーム」
 ・プロジェクトチームによる活動のシミュレーションとして
 ・プロジェクトチームのメンバーが抱える課題とは
2. 巨災対が直面する課題
 ・「二重の所属」状態となるメンバーたち
 ・二重の役割の負担が生じる
 ・組織の臨時性に起因して
 ・各官庁に対する巨災対の権限はどのようであったのか
 ・巨災対からの指示への対応ではなく
 ・この小冊子で検討すること(あるいは妄想すること)
3. 二重の役割の負担
 ・どちらのリーダーの意向を尊重するのか
 ・もともとの上司から指示がなされてくることも
 ・本人にとって過重な負担になるおそれ
 ・時間的制約の中でルール化し徹底できるか
 ・組織として十分な配慮が必要
 ・巨災対スタッフらはその高い能力によって対処
 ・「危ない橋」を渡る場面もあったのでは
 ・メンバー個人の犠牲や献身を前提としてはならない
4. 臨時性ゆえの不明確な権限
 ・プロジェクトチームの臨時性に焦点を当てて
 ・プロジェクトチームの権限などが不明確なままだと
 ・急きょ立ち上げられた場合に起こりがち
 ・権勢を背景とした無理なやり方では
 ・あらかじめ解決を図っておくべきだが
 ・組織のトップも判断・指示をしてはくれない
 ・実質的な面での望ましい解決をめざそう
 ・相手と正面切って喧嘩(けんか)をするよりも
 ・プロジェクトメンバーを護る
 ・メンバーに自己犠牲を求めなければならない状況もある
 ・プロジェクトメンバーの士気を上げ忠誠心を維持する
 ・メンバーからの「信仰」を得る
 ・休息をとらせるため声をかける
 ・見抜かれてはならない
5. 多忙を極めるプロジェクトリーダー
 ・プロジェクト遂行に直接関わるもの以外の仕事も多い
 ・チームメンバーに任せて全体の流れを掌握
 ・気持ちに「余裕」を持つ
 ・自分自身も休息して疲れをとる
 ・同時多発的に問題が生じたとき
 ・自分に対して直言してくれる人を大切に
6. プロジェクトチームを設立する立場なら
 ・プロジェクトチームのリーダーを任命する立場の人たち
 ・組織のトップによるプロジェクトチームの実務への介入
 ・プロジェクトチームに不足する専門性との調整の役割を果たす
 ・大きな方針を提示してその責任をとる姿勢をあらわす
 ・逆に責任を押しつけると
 ・任せてその責任はとろうというのであれば
 ・プロジェクトチームのメンバー選抜は慎重に
 ・プロジェクトメンバーの専門性という観点から
 ・将来を想定して人材に目星をつけておく
 ・策を用いてでも良質な人材を確保する
 ・組織全体としての人間の多様性がなければ
 ・プロジェクトチームの中にまで個性の多様性は必要か
7. プロジェクトチームが解散するとき
 ・プロジェクトチームの解散
 ・チームメンバーの業績の評価
 ・もともとの所属先に評価を引き継ぐ
 ・再びプロジェクトリーダーに任命される可能性を視野に
 ・プロジェクトチームのメンバー側(がわ)の立場から
 ・栄進していくプロジェクトリーダーとのつながりを保つ
 ・将来への布石となる策の展開を

作品情報/動作環境

作品番号
RJ216926
ファイル名/ファイル容量
RJ216926.zip / 869.69KB
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

シン・ゴ○ラ プロジェクトチーム 巨災対が直面する課題(「 軍師・参謀を志す人のために Vol.26 」)の同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「シン・ゴ○ラ プロジェクトチーム 巨災対が直面する課題(「 軍師・参謀を志す人のために Vol.26 」)」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件