同人 > 廃蜜灯 > オセロなふたり > オセロなふたり3 秋

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
サークル名 廃蜜灯フォローする
販売日 2017年11月26日
シリーズ名オセロなふたり
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル

作品内容

「オセロなふたり」の続刊で秋をテーマとしたお話です。
コミティア122発行。


【前巻までのあらすじ】
赤ずきんとオオカミが(首輪と鎖付きで)夫婦となった世界。
息子のヒイラギが成長した今、夫婦は新婚旅行へ出かけてしまいました。
ヒイラギには伏せられていますが、デキちゃった婚なのでそんなヒマなかったのです…。
ところがヒイラギ、ごはんが作れない!
「よし!使い魔にどうにかしてもらおう!」
お母さんにもらった珍妙な魔術書で小悪魔を召喚しようとしますが…。

出てきたのはバスタブに浸かった変な少女(クロ)。
しかも首輪を付けられ、名前も付けられ、ペットにされる始末。
どうするシロちゃん!

夏には服を着替えたり泉に散歩に行ってまったり過ごしますが…。
季節が変わり何も起こらないハズがなく。


【今回のあらすじ】
(1)『お兄さま登場』
朝起きるとそこには謎の少年が不法侵入していた!!
彼はクロの兄だという…。妹にも邪険に扱われる彼はかなりウザイ性格をしていた。

(2)『「シロちゃん」のはなし』
次の日も当然のようにいる兄。
突然の思いつきで薬草摘みに連れていかれるシロとクロ。
何事もなく帰宅しますが兄の手には怪しげなキノコが…なんと女体化キノコだった。


の2本詰め。さらにイラストも収録した54ページの作品です。(表紙2,3除く)

作品情報/動作環境

作品番号
RJ213557
ファイル名/ファイル容量
RJ213557.zip / 123.24MB
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

オセロなふたり3 秋の同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「オセロなふたり3 秋」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件