同人 > 20twenty > パーフェクトコミュニケーション

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
サークル名 20twentyフォローする
販売日 2017年11月26日
作家 match
シナリオ 伊里 侑也
年齢指定
全年齢
作品形式
同人誌マンガ / 百合漫画
ファイル形式
その他
ジャンル

作品内容

11/23「コミティア122」にて配布した、和風と洋風のオリジナル百合漫画、「パーフェクトコミュニケーション」です。

・ダウンロード販売版の詳細
保存形式:PDF・JPG(.jpg)
総ページ数:40p / 漫画部分35p

※今回初めてのダウンロード販売なので、至らぬ点やご要望等ございましたらお手数ですがメッセージにてご連絡お願いいたします。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ213528
ファイル名/ファイル容量
RJ213528.zip / 118.24MB
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「パーフェクトコミュニケーション」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

カワイイし美人

2018年01月11日  

このレビューは参考になった×0人

お国を飛び出してきた元気印のニコニコ娘・ユリアと、過去のある美人お師匠・千江子が
三味線をきっかけに運命的出会いを果たすお話。「やればなんとかなる」的な体当たり精神で
言葉は通じなくても、何となく想いが伝わるコミュニケーションが微笑ましいです。
短編ですが、二人の来し方行く末について色々と想像が膨らむので、
ぜひロングバージョンで読んでみたいです。

言葉が違う人同士の優しい交流を見るのが好きな人に、
あるいは
ニホンゴ覚えたての長身美女がはしゃいでるのカワイイよね!
クールな和風美人と着物と三味線の組み合わせイイヨ!
という人にもおすすめです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!デカいけど子供みたいに甘えんぼ、を手なずける姐御

2017年11月27日  

このレビューは参考になった×2人

いつもながら対比構造を上手く使う作者様(AJ014157)です。
対比1.物静かな和風美人:元気一杯な西洋美人。
対比2.日本女性としては平均的?少し小柄な背丈:人ごみから肩の高さで抜きん出る長身。
対比3.影のような黒の着物:太陽のような明るい着物。
対比4.日本語:英語。
対比5.三味線:ヴァイオリン。
サンプルで公開された範囲からでも、前者が三味線を教える側で、後者が教わる側というのは読み取れると思います。
しかし、体格的には前者が妹で、後者が姉のような身長差が隔たり、見つめ合う時の見上げる仕草が色っぽいと言うか、包容力があるように見える側がサイズ的には抱擁されちゃってる逆転状態が萌えます。
その反面、体格はデカいのに愛想の良さは飼い主に甘える大型犬のようで、それを手なずける側の冷静さが実に際立っています。
ただ、そんな二人にとっての最大の溝は身長でも得意楽器でもなく言語で、ままならない意思疎通が一周してタイトルへと繋がっていくわけです。
言語を超えて心で繋がった瞬間の感動は鳥肌もので、自信を持ってお勧めできます。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]