同人 > USF広報室 > 猫屋版銀○伝二次創作 > 星を仰ぐもの

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
Download : {{ product.dl_count }}
{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2017年11月26日
シリーズ名猫屋版銀○伝二次創作
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数691ページ
ジャンル

作品内容

本書では、原作外伝幼年学校殺人事件の直後、『千億の星、千億の光』の直前、ラインハルトとヤン・○ェンリーの経歴の空白時期を使い、ヴァンフリート星域を舞台に、ラインハルトとヤン、そしてシュミットバウアー兄妹……特に兄ヨハン・クレメンツを中心に、彼らの戦いを描き、同時にラインハルトが大佐から准将に昇進する経緯を併せ描く。
ラインハルトは大佐であり、重巡航艦『ノルデン7』の艦長を務めている。そんな彼に命じられたのが、ヴァンフリート7-4(ヴァンフリート星系第七番惑星の第四衛星)上に建設された帝国軍基地への増援だった。ラインハルトの力量からすれば易々と果たされるべき任務に、想像を絶した困難さをもたらしたのが、この当時、同盟軍第八艦隊の作戦参謀としてアップルトン中将麾下に入っていたヤン・○ェンリー中佐の存在だった。基地救援を目指す帝国軍の作戦を、さながら掌を指すように読み抜き、その裏を掻いていくヤンの存在に、ラインハルトですら続けざまに意表を突かれ、ついに僚艦僅か三隻と共にヴァンフリート8(第八惑星)の外惑星環に追い詰められることになるのだが……
この時、ヴァンフリート7-4基地の指揮を執っていたのがヴィンフリート・フ○ン・リーフェンシュタール准将である。大貴族の子息として、『軽薄貴公子』とあだ名されるほどの浮薄な生活を享受していた彼を、最前線の基地司令官……わずか5000人の将兵と共に、一〇〇万人以上の兵力を擁する同盟軍第八艦隊に対抗する絶体絶命の任務を志願させた、その最大の理由こそ、士官学校の同期生にして最大の友人たるヨハン・クレメンツ・フ○ン・シュミットバウアーと、彼の妹にして彼の最愛の人となるコルネリア・ゲルトルーデにほかならなかった。そして、ラインハルトとともにヴァンフリート8の外惑星環に追い詰められた三隻の巡航艦、その内の一隻を指揮していたのがヨハン・クレメンツだった。
『ゲルタ(コルネリア・ゲルトルーデ)に似合うのは喪服にあらず、花嫁衣装なり』
ヨハン・クレメンツからの通信に、ヴィンフリートは莞爾として頷き、基地の死守と無事の脱出を誓う。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ213469
ファイル名/ファイル容量
RJ213469.zip / 283.38MB
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

星を仰ぐものの同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「星を仰ぐもの」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件