({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}

作品内容

酒はいいものじゃ。旨いし、酔える。妾は酒を愛する稲荷狐アキじゃ。ある日妾のお社に侵入した不届き者がおった。無論妾はすぐに追い出すこととてできたが、その者は全身から酵母の香りを漂わせておった。妾にはピンと来たね!こやつは酒職人じゃと!ゆえに働いてもらうこととした。幸いこの地は葡萄が育つ。幻の舶来酒、ブランデ目指してさぁ酒造りじゃ!

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「稲荷狐と葡萄酒」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件