同人 > Re:sound > 図書室お化けの恋物語

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
サークル名 Re:soundフォローする
販売日 2017年07月07日
イラスト ネコばか
声優 和鳴るせ
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
MP3 / WAV同梱
その他
ジャンル

作品内容

「私の物語を、私の気持ちを、私の想いを、あなたに読んでほしいです」

絵本が大好きで図書室に入り浸っている、地味で影が薄い女の子、コヨミ。
図書委員である「あなた」は、いつも本を大量に借りるコヨミに対して興味を持ちます。


「いつも、これくらい借りているの、どうして知っているのです?」

「って、あのー……もしかして、私」

「顔、覚えられちゃって、います……?」


一見、地味でネガティヴな女の子。けれど話してみると、お茶目で明るいところがあったり少し変なところがあったり……やっぱり暗かったり。


「いえ、そんな、私、地味ですよ!」

「地味です、地味ですよー、地味地味です」

「暗い性格、していると思います」


コヨミは本を読むだけではなく、文章を書くのも好きです。
けれど、彼女はなかなか文章を見せてくれません。


「誰かに書き方を教わったわけでもないですし、読むのが好きだから書いてみよー、みたいな軽い気持ちで書いたのです」

「あなたが思っているよりも、私のお話、下手くそで、歪なものですよ……?」

「……きっと、あなた、幻滅します」


「自分に自信がない女の子」をテーマとしたサークル Re:sound 6作目
初めての「自分に自信がないこともない女の子」のボイスドラマ。


「私が書く文章に絵を付けてくれるって、本当、ですか?」



トラックリスト


シーン1 絵本が大好きなのです (10:42)

シーン2 暗くて地味で口下手でつまらないと思います (7:50)

シーン3 絵と文 (15:49)

シーン4 図書室に行きたくないです (9:02)

シーン5 普段と違う図書室 (8:27)

シーン6 閉館時間 (2:00)

シーン7 図書室お化けの恋物語 (16:05)

計69分55秒

体験版でシーン1を全て試聴することが出来ます。


CV 和鳴るせ様( http://ruse3.kinugoshi.net/ )
イラスト ネコばか様( https://www.pixiv.net/member.php?id=65199 )
台本 くろっく( http://www.pixiv.net/member.php?id=2573872 )

作品情報/動作環境

作品番号
RJ203378
ファイル名/ファイル容量
RJ203378.zip / 204.71MB (214653732Byte)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「図書室お化けの恋物語」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!無限にほっこりする一品

2017年10月01日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

自分に自信がないこともない、でもやっぱりない気がしてくる女の子と緩~い会話を楽しむ作品です。

コヨミはちょっと変わった女の子。距離の詰め方が急だったりそうでもなかったり、何だか会話慣れしていない感じが良いですね。
テンションがコロコロ変わるコヨミの声、聴いているだけですごく癒されます。
それこそ20秒に1回ぐらいのペースでめっちゃかわいい喋り方をするので、大変ハッピーになれるかと思います。

純粋に癒し目的で買った作品でしたが、最後の話にはちょっとグッときました。
ちょっとずつ、ちょっとずつですが変わっていくコヨミの姿を是非見届けてほしいなと思います。推せる。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]