({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
お気に入り登録数 : {{ product.wishlist_count }}
{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2017年05月17日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル
ファイル容量
393.54MB

作品内容

RPGツクール作品として長年愛され続ける【イストワール】のオリジナルサウンドトラックです。
ゲーム本体に収録されているMP3より高音質で、CD仕様のリピート&フェードアウト処理がされています。
ゲーム中には使われなかった未使用曲やイメージソングも収録。全56曲が収録されています。

Disc 1/19曲
01.見えない未来 02.未来も見えないままで 03.届かない声 04.会議室の椅子の数 05.アイテムゲット 06.安らぐ場所 07.おやすみ 08.生きるって厳しい 09.勝利 10.敗北 11.船乗りの墓場 12.大海賊船 13.砂漠の陽炎 14.王妃の遺言 15.愚者礼拝塔 16.水没の都 17.凍結の地 18.永久氷壁 19.大坑道

Disc 2
01.鏡の中の英雄 02.強敵に背を向けるな 03.聖書捏造院 04.千年樹海 05.のぞき 06.過去への羨望 07.未来への回顧 08.夜の魔領 09.古城の夢跡 10.水路の番人 11.巧人工廠跡 12.魔性の封印地 13.聖歌魔響院 14.女神の名の魔宮 15.天と地の一線

Disc 3
01.疑惑 02.主という名の壁 03.義務の代償 04.託された思い  05.総ての悪しき者06.十二魔将との死闘 07.行く手を阻む者に死を 08.決別との再会 09.始まりの地 10.終焉の刻 11.永すぎた悲劇の結末を  
12.未来も見えないままで 13.たどり着いた言葉 14.ロマンシングイスト 15.未来も見えないままで[inst]

Disc 4
01.ダンジョンA 02.ダンジョンB 03.ダンジョンC 04.改・夜の魔領 05.ロマンシング・ダンジョン
06.恐怖との対峙 07.アイの行方

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「Histoire Original Sound Track」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!名作フリーゲームの名サントラ

2018年02月03日  

このレビューは参考になった×1人

RPGツクールゲーム「イストワール」のサウンドトラックです。
と、いっても多分、このサントラのページに辿り着いた人のほとんどがイストワールをプレイ済でしょうからその辺りの説明は要りませんか(ジャンルの人妻、プレイした人にしか分からないだろw)。もしも、本当にもしもこのゲームをプレイしたことせずにこのレビューを読んでいる人がいれば、まずは、ダウンロードしてプレイしてください。無料で遊べていいのか、と唸るほどの素晴らしいゲームです。

さて、で、サントラです。
イストワール、音楽、良いんですよね…と一通り聞いて、当たり前のことを再確認できました。
素直にワクワク、ゾクゾクできたのは、素晴らしいストーリーだけではなく、この音楽があったからこそ、あの世界観が存在できていたんだなあ、と。
ゲーム内ではフルで聞けなかったあの歌や、モンスターから逃げるのに必死で落ち着いて鑑賞できなかったあの曲をゆったりと聞ける、というだけでも買いではないでしょうか。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]