同人 > まほー工房 > 脳内整理術スマートシンキング > 脳内高速化テクニック 安曇野恋のスマートシンキング ver.5.19 リアクションコントロール -反応の制御・好ましい反応行動を作り出す-

DLsite専売

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

脳内高速化テクニック
安曇野恋のスマートシンキング(Smart Thinking)

ver.5.19 リアクションコントロール
-反応の制御・好ましい反応行動を作り出す-

おまけプラグイン:リアクションコントロールショートver


スマートシンキングの第5巻は習慣的な反応をコントロールして「好ましい反応」へと置き換えるテクニックを学んでいきます。


■第5巻は反応の制御テクニック「リアクションコントロール」を学んでいきます
4巻のエモーションスライダーでは感情をコントロールしていくテクニックを学んでいきましたが
今巻ではさらに物理寄りな内容「反応の制御」を行っていきます。

人は日常生活の中で精神力や体力を無駄遣いしないために「行動と思考をパターン化する機能」が備わっています。
この機能はエネルギーの無駄遣いを防ぐには効果的ですが、ケースによってはこれが足を引っ張ることもあります。
(反応や行動がパターン化されているが故に、好ましくない状況に対して好ましくない反応を自動で返してしまうケースがあります)

こうした自動反応…心のリアクションは大なり小なり誰でもクセとして備わっているものですが、
この自動反応の中には、あまり好ましくないモノも幾つかあります。
例えば…
・苦手な物を見たら自然と怒りやネガティブな心を想起させたり。
・人に褒められても斜に構えたり、素直に受け取れなかったり。
・とあるキーワードに過剰に反応してしまったり挙動不審になったり。
・何かを貰った時に喜ぶよりも先に「もっともっと」と欲望がエスカレートしすぎたり。

こうした好ましくない反応は、自分でわかっていても自動的に反応してしまうケースが数多く存在します。
こうした「好ましくない自動反応」をコントロールして「好ましい反応」へと書き換えていくのが
「リアクションコントロール」になります。


■主なメニューの流れ
・序章ドラマ
・説明
・実践
 ・出来事
 ・反応
 ・結びつけ
 ・新しい反応・好ましい反応
 ・上書き
・まとめ
・pluginテクニック「リアクションコントロールショートver」


■作品内容(総収録時間 45:52)
・01リアクションコントロール序章(2:32)
・02リアクションコントロール説明(3:36)
・03リアクションコントロール実践(13:51)
・04リアクションコントロールまとめ(5:41)
・05リアクションコントロール次回予告(1:34)
・06リアクションコントロール次回予告ver2(1:34)
・07特別ドラマ ポレンとリュエル(10:09)
・08おまけリュエルさんこっそり次回予告(1:16)
・09おまけ恋ちゃんNGテイク(0:48)
・10おまけ恋ちゃんNGテイク2(0:38)
・pluginテクニック「リアクションコントロールショートver」(4:07)

※ファイル07、08はまほー工房ダウンロードコーナーにて配布されている特別ドラマと同内容となります※


※体験版もありますので、よかったら聞いてみてください。
※作品はトラック分けをしていますので、稽古パートのみをリピートしたりと使いやすくなっています。
※当作品は、魔法使い入門シリーズ
 http://www.dlsite.com/home/work/=/product_id/RJ134415.html
 と同一の世界観で繰り広げられる話となります。



--スマートシンキングの特色--
現代生活においては覚えるべき事柄や知識、日常的に気を砕く出来事が多く、ともすれば生活の中で頭が一杯になってしまいます。
そうした混乱した頭では冷静な判断はできませんし物事の意思決定も鈍くなってしまうでしょう。

スマートシンキングでは「脳内環境整理」を合言葉に、よりスマートな情報や概念の扱い方を学び、
脳の無駄なエネルギー消費を減らし、快適かつ高速な脳内環境を構築することを目的としています。

※スマートシンキングは「魔法」ではなくスマートかつ現代的な「メンタルテクニック」として多くの人に学びやすい形に仕上げてあります。
※今シリーズは思考を洗練するためのメンタルツールであり、鋭敏な思考や洞察を身につけるためのレッスン音源です。
※成功学や自己啓発の知識等と併用するとより効果的です。


■まほー工房2016年新シリーズ第2弾は「脳の効率化」を扱うテクニックになります
今シリーズを彩るヒロインは未来から来た少女「安曇野恋(あずみの れん)」
スマートシンキングシリーズでは「情報の整理と高速化」をコンセプトに
脳内の情報をスマートに整理して不必要な脳のメモリ消費や無駄なエネルギー消費を減らし
快適な脳内環境を構築していきます。


■体験版内容
・体験版では製品版の一部を試聴できます。


■製品版内容
・製品版はMP3の最高音質320kbpsで収録されています。
 

■聴き方
・静かで落ち着いた場所で聴くことをおすすめします。
・音源はヘッドホンやイヤホン、スピーカーなど、一番リラックスできる自由なスタイルでご視聴下さい。
・音量は普通もしくは小さめで聴くことをお勧めします。


■注意事項
※本作品は催眠音源ではありません。
※本作品の効果は個人の資質・形質に左右される部分がありますが
 アニメや漫画、ゲームなどが好きでイメージ力がある方のほうが習得が早いかもしれません。
※気分が悪い時や体調のすぐれない時の視聴はご遠慮ください。
※運転や機械の操作時など、事故につながりかねない状況での視聴は絶対にしないで下さい。
※本作は特殊な音声加工はしていないため、どなたでも聞ける内容ですが、それでも精神的に不安を感じてしまう方や
 心臓、脳、肺などに不安があり心配をされる方は視聴を控えるようお願い致します。


■制作
安曇野恋・ポレンCV:青柳るう
http://bleatbleat.wixsite.com/bleatbleat

リュエル=ロウィエCV:花見川ゆふ
http://www.moe-v.net/voix_detail.php?voix_id=2656

イラスト:そらのん
http://soramachi.blog.shinobi.jp/

BGM:フリーBGM・音楽素材MusMus
http://musmus.main.jp/

脚本・音声編集・効果音:Windress
http://windress.jimdo.com/


制作:まほー工房
http://mahoukoubou.jimdo.com/

作品情報/動作環境

作品番号
RJ196982
ファイル名/ファイル容量
RJ196982.zip / 73.2MB (76757796Byte)

脳内高速化テクニック 安曇野恋のスマートシンキング ver.5.19 リアクションコントロール -反応の制御・好ましい反応行動を作り出す-の同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「脳内高速化テクニック 安曇野恋のスマートシンキング ver.5.19 リアクションコントロール -反応の制御・好ましい反応行動を作り出す-」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

無意識的な行動の見直し

2017年04月01日  

このレビューは参考になった×2人

レビュアーが選んだジャンル :

脳内で自動化された「無意識的」な行動を、「意識的」に修正する方法を学習できます。

驚くことに、この方法で改変された自動的行動を行う際、
「自分らしくない」とか「不自然そうで怖い」などといった、
心理的抵抗が全くと言って良いほど無かったです。

いつも損をしてしまうのに、
何故か止められないという行動を見直してみたい方におすすめです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]