({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2017年02月20日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル
ファイル容量
55.88MB

作品内容

漫画を描く上で最重要なのはストーリーとキャラ。漫画で最も気にされない部分それが”背景作画”しかしそれがヘタだと悪目立ちする。今回はそんな背景作画の基礎を徹底解説。背景作画に悩む漫画描きのみなさん是非一読下さい
注、一部漫画アシの日常3巻に収録されております

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「五百住さんの漫画道 背景編」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

読み物として面白い

2018年01月13日  

このレビューは参考になった×0人

読み物として面白い
当たり前だが描かなければ描けるようにならないので
これを読んでも直接上手くはならない。

それよりも
このマンガ自体が「いつ・どこで・だれが・何をしている」
のか分かるようになっているので、それが一番の説得力だろう。

背景は世界観を伝える事が第一なので、このマンガに書いているような勉強は必要を感じた時にやればいいと思う。あまり肩肘張らずに、読み物として楽しく読めればどこかで役に立つ、という感じで読んだ方がいい。

天井(あおり)を描くと背景描写は楽になると書かれているが、このマンガにもその技法が沢山使われている所が実用的だと思った。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]