>    >  

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2017年02月24日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
MP3 / WAV同梱
その他
ジャンル

作品内容

ずっと家に引きこもっている不登校少女、コトト。
コトトのクラスメイトである「あなた」は、学校に来ないコトトの代わりに、宿題を届けることになります。


「こんな面倒なことに巻き込んでしまって、ごめんなさい……」

「あなたの時間を、奪っているように思えて」

「……ごめんなさい」


コトトは、わざわざ家まで来てくれるあなたに対して、とても負い目を感じています。
自分に自信がない上にずっと一人だったコトトは、会話がとても苦手。
「えっと、えっと」「あの、あの」「ごめんなさい」が口癖。
褒められたり優しくされると困ってしまいます。


「学校、という空間が嫌いなのです。イヤな思い出が蘇って……息をするのが、苦しくなるのです」

「けれど……あなたとの会話は、不思議なことに、息苦しさがあまりないのです」


少しずつ……本当に少しずつですが、コトトはあなたに心を開いていきます。
電話でお話したり、一緒に宿題をしたり、みかんを食べたり……。


「私たち、いつの間にか、毎日会うことが当たり前になっていますね。……って、宿題は毎日出るから、当然ですよね」

「学校には行きたくないけれど、あなたには会いたいって、ワガママですね」


自分に自信がない小さな女の子と過ごす、温かで穏やかな物語。


「どこに連れて行ってくれるのか、楽しみですよ」


トラックリスト


シーン1 はじまりの宿題 (5:45)

シーン2 たくさんの宿題 (8:47)

シーン3 おすそわけ、です (9:18)

シーン4 少しでいいからお話したくて (6:05)

シーン5 数年ぶりの電話 (10:59)

シーン6 引きこもり少女の部屋 (6:52)

シーン7 あなたがくれた恋の宿題 (14:16)

シーン8 エピローグ。そしてプロローグ (1:55)

計63分57秒

おまけのフリートーク (4:46)





体験版でシーン1を全て試聴することが出来ます。



CV 和鳴るせ様(http://ruse3.kinugoshi.net/ )
イラスト 柴犬きせつ 様(http://www.pixiv.net/member.php?id=3366305 )
台本 くろっく(http://www.pixiv.net/member.php?id=2573872 )

作品情報/動作環境

作品番号
RJ194736
ファイル名/ファイル容量
RJ194736.zip / 236.91MB (248416142Byte)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「あなたがくれた恋の宿題」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!自身のない少女のお話

2017年03月01日  りる さん

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

※ネタバレ※ このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。 レビューを表示する

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]