同人 > クリスマス市のグリューワイン > Mystery Plays feat: Solomon 二.仮面の王子の章

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

古代イスラエル王国第3代・ソロモン王は、悪魔のような外見から周囲に忌み嫌われていた少年だった。
という仮定のもとでソロモン王の人生を描いた一大聖史劇、第二章。

第3王子アブサロムの叛乱から数年が経過した。王国民に大きな衝撃を与えたその事件ももはや語られることはなくなり、国には日常が戻ってきていた。
乱の際にはその類稀な才能を遺憾なく発揮したソロモンだったが、これといって誰からも称賛されることなく、以前のように日陰にシクラメンの花畑を一人愛でていた。

一方で、王位継承権第一位であったアブサロム王子がいなくなり、王位継承候補に躍り出たアドニヤ王子。
第一章にて叛乱を起こした彼を討つためにソロモンの知恵を頼ったアドニヤだったが、その後もソロモンのもとへ度々顔を出しては交誼を深めようとしてきた。
またソロモンの方も、今まで誰からも愛してもらえなかった反動からか、彼の優しさにだんだんと心を開いてゆく。

兄弟愛を深めていったように見えた二人であったが、歴史は彼らの確執を語る。
なぜ彼らは反目してしまったのか。旧約聖書にはわずか数行しか語られなかった彼らの交友、軋轢、訣別をダイナミックに描く。


208ページの作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ194624
ファイル名/ファイル容量
RJ194624.zip / 102.29MB (107263220Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「Mystery Plays feat: Solomon 二.仮面の王子の章」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件