同人 > クリスマス市のグリューワイン > アタルヤの妃

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

『列王記下』『歴代誌下』にその名を残す、ユダ王国唯一の女王「アタルヤ」。

他国からユダ王国に嫁ぎ、異教を伝えて先王たる夫や息子を悪政の道へ走らせ、息子が死亡すると強引に即位する。その後もダヴィデ王朝の血を引くユダ王族の男子を皆殺しにする。。。
等と、旧約聖書には悪名名高い彼女ですが、果たしてそれが彼女の全てだったのだろうか。

「悪女」「暴君」である前に、人間らしく悩み、泣きそして笑う一人の「女性」であり、また一人の「母親」であったのではないか。
歴史には遺されていないアタルヤの素顔を、彼女と愛し合った架空の女性「アタルヤの妃」の視点から描いた史劇。

82ページの作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ194620
ファイル名/ファイル容量
RJ194620.zip / 43.98MB (46113384Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「アタルヤの妃」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件