({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2017年02月04日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル
ファイル容量
23.87MB

作品内容

加賀と吹雪を残すだけの手薄となったトラック泊地は、敵の包囲を受けていた。
絶体絶命のその時、増員として二名の艦娘が送られてくる。
一人は朝潮。もう一人は、赤城。正規空母赤城。
その名を聞いた加賀は、助かるかもしれない、とそう言った。

程なくして到着した彼女達は、周辺にいた敵をすべて沈めてきたという。
浅くない傷を見せる朝潮と、かすり傷すら見えない赤城。
その対称はやがて苛烈になっていく日々の中で、冷酷なる姿で明らかになっていく。

機械の如き姿に、加賀は堪らずやめてほしいと、そう懇願する。だが、

「忘れてしまったんですね」

加賀の忘却した記憶の中に、答えは果たしてあるのだろうか。

114ページの作品です。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「戦闘機械と人もどき」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件