({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
お気に入り登録数 : {{ product.wishlist_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2017年01月10日
シリーズ名魔理沙と八卦炉の秘密
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数22ページ
ジャンル
ファイル容量
2.93MB

作品内容

どんなに努力しても追いつく事が出来ない永遠の二番手──霧雨魔理沙。
最強の巫女「博麗霊夢」の背を追いかけるもその差は開くばかり。

努力とは一体……。
私と霊夢ではなにが違う?

いつもひょうひょうとした顔であっさりと異変を解決していく霊夢に対し、
魔理沙の満たされない心はいつしか濁り始める。

そんな折、手渡された八卦炉を機に魔理沙は完全なる破壊神として目覚める。
行く手を阻む者達を、理性の欠片なく葬り去っていくのであった。
(4巻までの流れ)

────ここから最終巻の流れ───

幻想郷に存在する妖怪や神の力を吸収し、日に日に力を増大させる魔理沙。
凶戦士へと成長した魔理沙を小槌の力で操り、正に下剋上を達成しようとしたその時、
幻想郷を創った賢者の一人である八雲紫が輝針城内部へと訪れ、正邪と針妙丸に警告する。


「霊夢が貴方達を殺しに来るから」と。


時の監獄に囚われし者達に、全ての決着を!

22ページの作品です。

魔理沙と八卦炉の秘密─最厄最凶の小槌使い─の同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「魔理沙と八卦炉の秘密─最厄最凶の小槌使い─」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件