同人 > 趣味工房にんじんわいん > Charisma Lash > Charisma Lash Type-S

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2016年12月22日
シリーズ名Charisma Lash
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
イベントコミックマーケット90
ジャンル
-

作品内容

東方Project のキャラクターをピックアップして、迫力あるラスボス的にアレンジするシリーズ第四弾。高らかに鳴り響く金管楽器と、神々しさを演出するコーラス隊。軽やかに彩る木管群と、それらを支える弦楽器群。ギター・ドラムなど一切無し。混じりっ気無しのフルオーケストラアレンジ。彼女達の本気を感じるラスボスアレンジです。

[1].河城にとり/芥川龍之介の河童 ~Candid Friend
[2].東風谷早苗/信仰は儚き人間の為に
[3].十六夜咲夜/月時計 ~ルナ・ダイアル
[4].魂魄妖夢/広有射怪鳥事 ~Till When?
[5].ナズーリン/小さな小さな賢将
[6].射命丸文/風神少女

MP3 256kbps
ジャケットデータ PDF

作品情報/動作環境

作品番号
RJ190583
ファイル名/ファイル容量
RJ190583.zip / 65.55MB (68735587Byte)

Charisma Lash Type-Sの同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「Charisma Lash Type-S」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!威風堂々たる第四弾。

2017年11月04日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :


 本作はラスボス戦モチーフによるフルオケ東方アレンジシリーズ「Charisma Lash」の第四弾です。
 イラストに付記されている型番を見ますとHACW-TA1033、サークルさんの33作目の作品に当たるようで、初出は2015年。夏コミに出された作品のようですね。
 今回もまた人気キャラが勢ぞろいの内容で、にとり、早苗、咲夜、妖夢、ナズーリン、文の六人の曲がラスボス感満載でアレンジされています。

 このアルバムの路線は第一弾の Type-R に近いものがあって、かなり原典回帰的に全力全開です。
 当初聴いた折は「おお、やべえ。全力だ」と慄いたものでしたが、意外に一枚としての聴き疲れは少なく、ヘビロテの聴き方に大変お優しい一枚となっております。
 音質面での改善が見られるのは、音源の変更なのか編集面での改良なのかはわかりかねますが、音がよりクリアになっているのも第四弾の特徴でしょう。
 また、これまでよりもより現代的な音使いが見られるのも特徴的ですかね。小難しい感じではなく、クールな意味でのそれですが、妖夢の「広有射怪鳥事 ~Till When?」などではその印象が顕著でした。

 納得の名アレンジが並ぶ中、個人的には、意外と言っちゃあ失礼でしょうが、ナズーリンの「小さな小さな賢将」の魅力的なラスボスアレンジには感心させられましたね。
 このアルバムはどの曲もガンガンオラオラ系のラスボス感満載で大変楽しい内容なのですが、意外な伏兵のこの曲、曲の緩急が見事でシリーズを通して見ても特に魅力的な感触でした。

 というわけで、本旨に沿っているという意味でもここまでで一番にお勧めの一枚です。Type-Aの折にも述べましたが、あちらよりこちらの方がラスボス感的に考えてお勧めですかね。
 シリーズに繋がりはないので、こちらから入ってみるのもわりとお勧めですね。良いアルバムでした。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]