同人 > 趣味工房にんじんわいん > Charisma Lash > Charisma Lash Type-A

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2016年12月21日
シリーズ名Charisma Lash
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
イベントコミックマーケット89
ジャンル
-

作品内容

東方Project のキャラクターをピックアップして、迫力あるラスボス的にアレンジするシリーズ第三弾。高らかに鳴り響く金管楽器と、神々しさを演出するコーラス隊。軽やかに彩る木管群と、それらを支える弦楽器群。ギター・ドラムなど一切無し。混じりっ気無しのフルオーケストラアレンジ。彼女達の本気を感じるラスボスアレンジです。

[1].洩矢 諏訪子/ネイティブフェイス
[2].古明地 こいし/ハルトマンの妖怪少女
[3].フランドール・スカーレット/U.N.オーエンは彼女なのか?
[4].藤原 妹紅/月まで届け、不死の煙
[5].アリス・マーガトロイド/人形裁判 ~ 人の形弄びし少女
[6].霍 青娥/古きユアンシェン

MP3 256kbps
ジャケットデータ PDF付

作品情報/動作環境

作品番号
RJ190578
ファイル名/ファイル容量
RJ190578.zip / 64.86MB (68010704Byte)

Charisma Lash Type-Aの同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「Charisma Lash Type-A」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!緩急取れた、バリエーション豊かな第三弾。

2017年10月27日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :


 本作はラスボス戦モチーフによるフルオケ東方アレンジシリーズ「Charisma Lash」の第三弾です。
 型番はHACW-TA1032で32作目、初出は2014年のようですね。
 Type-AのAはもちろんアリスのことで、諏訪子、こいし、フラン、妹紅、アリスと人気キャラの面々の楽曲に加えて霍 青娥のユアンシェンを最後に配置した構成になっています。

 第二弾以上にこの第三弾はバランスが取れた構成になっていて、一枚のアルバムとしての聴き応えがパワーアップしている印象ですね。
 「ネイティブフェイス」や「ハルトマンの妖怪少女」、「月まで届け、不死の煙」、あるいは「人形裁判 ~ 人の形弄びし少女」などは堂々たるラスボス風アレンジであり、本旨に即した曲たちでしょう。
 一方、「U.N.オーエンは彼女なのか?」は縦のラインを重視したスローテンポの曲で、リズミックな原曲を念頭に置いてますと肩透かしを食うところはありますが、ダルセーニョで冒頭に戻るところなどは非常にクール。
 フランに似つかわしい不気味さが漂う編曲になっていますね。

 そんな曲たちの中で異色なのが、締めの曲となる「古きユアンシェン」でしょう。
 明るく弾むような冒頭から始まる曲は爽快で、個人的にはどことなく、空中戦を彷彿させられます。飛空艇やらドラゴンやらに乗って、大空を駆けるボスと対峙するような印象ですね。
 ラスボスアレンジのこのシリーズは、やはり暗い印象を与える曲が多い。その中で、この曲の爽快感はなかなか印象的です。
 この曲を最後に配置する構成もまた魅力的でした。

 シリーズの中で、ここまでで一番にお勧めできる一枚だと思います。
 シリーズに連番としてのニュアンスはあまりありませんから、このType-Aから入ることにも何も問題はありませんし、最初の一枚としてもお勧めしておきます。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]