同人 > 趣味工房にんじんわいん > Charisma Lash > Charisma Lash Type-M

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2016年12月21日
シリーズ名Charisma Lash
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
イベントコミックマーケット89
ジャンル
-

作品内容

東方Project のキャラクターをピックアップして、迫力あるラスボス的にアレンジするシリーズ第二弾。高らかに鳴り響く金管楽器と、神々しさを演出するコーラス隊。軽やかに彩る木管群と、それらを支える弦楽器群。ギター・ドラムなど一切無し。混じりっ気無しのフルオーケストラアレンジ。彼女達の本気を感じるラスボスアレンジです。

[1].八雲紫/ネクロファンタジア
[2].聖白蓮/感情の摩天楼 ~ Cosmic Mind
[3].八坂神さびた古戦場 ~ Suwa Foughten Field
[4].古明地さとり/少女さとり?~3rd Eye
[5].霧雨魔理沙/恋色マスタースパーク
[6].チルノ/おてんば恋娘
全6曲

MP3 256kbps
ジャケットデータ PDF

作品情報/動作環境

作品番号
RJ190577
ファイル名/ファイル容量
RJ190577.zip / 70.44MB (73857509Byte)

Charisma Lash Type-Mの同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「Charisma Lash Type-M」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

緩急の取れたシリーズ第二弾。

2017年10月08日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

 本作はラスボス戦モチーフによるフルオケ東方アレンジシリーズ「Charisma Lash」の第二弾。
 Type-M とあるように、今回はメインとして魔理沙の(恋色マスタースパークの)アレンジを終盤に配置し、最後にお茶目なお遊び的にカリスマ爆上げ氷精アレンジを挿入している感じになっています。

 前作が山形アクセント盛り盛りのガンガンいこうぜ系アレンジだったのに比べますと、第二弾の内容はかなり緩急を付けた内容になっています。
 それぞれの曲のカラーが見えやすく、全体を通しての聴き疲れも第一弾に比べますとしづらい印象です。
 その点、Grandioso的なニュアンスは変わらないにせよ、ラブボス風アレンジとしてはやや弱くなっている部分もあるかもしれません。
 紫の「ネクロファンタジア」や魔理沙の「恋色マスタースパーク」などで顕著ですが、どことなく妖しい雰囲気のある一枚となっていますね。

 その辺、前作とどちらをより良いとするか、各々の音楽的嗜好で差が出るかもしれませんね。
 私的には、第二弾の方がすんなり音楽が入ってくる印象です。各楽器の活かされ方(例えばチルノの曲でのペットの活躍など)もまた明瞭性を増しているかなと。
 アレンジそのものは前作以上にメロディが断片化され、再配置されている。変奏、リズムの改変、転調の多用など、自由自在なアレンジが施されています。

 ちなみにですが、今回、前作と今作も合わせてコーラスで遊んでいる旨が紹介されています。
 一応歌詞を(ラテン語ベースで)挿入できるらしく、それっぽくしつらえて、お遊び的にちょっとした歌詞が挿入されているとのこと。
 人工音声ゆえにどうしても歌詞の聞き取りが難しくなっていますけど、そうしたお遊びを探し当てるのもなかなか乙な楽しみでしょう。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]