同人 > 趣味工房にんじんわいん > Charisma Lash Type-R

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2016年12月19日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
イベントコミックマーケット88
ジャンル
-

作品内容

東方Project のキャラクターをピックアップして、迫力あるラスボス的にアレンジするシリーズ第一弾。高らかに鳴り響く金管楽器と、神々しさを演出するコーラス隊。軽やかに彩る木管群と、それらを支える弦楽器群。ギター・ドラムなど一切無し。混じりっ気無しのフルオーケストラアレンジ。彼女達の本気を感じるラスボスアレンジです。

Tracklist
[1].蓬莱山 輝夜/竹取飛翔~Lunatic prinscess
[2].風見 幽香/今昔幻想郷~Flower Land
[3].豊聡耳 神子/聖徳伝説~True Administrator
[4].レミリア・スカーレット/亡き王女の為のセプテット
[5].博麗 霊夢/少女綺想曲
[6].西行寺 幽々子/幽雅み咲かせ墨染の桜~Border of Life

作品情報/動作環境

作品番号
RJ190407
ファイル名/ファイル容量
RJ190407.zip / 60.17MB (63089734Byte)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「Charisma Lash Type-R」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

ガンガン系アレンジの数々。

2017年10月07日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :


 本作は、東方の主要キャラ六人のテーマ曲を華美にアレンジした本格オケアレンジのアルバムです。
 パーカッションが迫力のサウンドを支え、弦楽が音楽を設計し、管楽がメロディを描く仕様で、にんじんわいんさんお得意のロックテイストとは異なるフルオケ仕様ですね。
 随所でコーラスが取り入れられているのも特徴的でしょう。

 この「Charisma Lash」シリーズ、DLsite では既刊が同時発売されていますが、制作時期は違っていて、HACW-TA1030 (30作目)の Type-R の初出は2014年のようです。
 その内容はフォルテでガンガン攻める、まさしくラスボスアレンジの数々。煌びやかなフルオケのサウンドが楽しめる一枚となっています。
 編曲は換骨奪胎が色濃く、断片化されたメロディが踊っていますね。

 それぞれの曲は大変魅力的なのですが、一方で、通して聴いてますと聴き疲れしやすいのが難点でしょうか。
 バッハオマージュの色合いが強い「亡き王女の為のセプテット」、たぶん超強いラスボスなんだろうね……な「少女綺想曲」、あえかな弦楽の始まりが美しい「幽雅み咲かせ墨染の桜」など、本当に魅力ある楽曲が多いのですが。
 抜け感さえあれば、とその点のみ惜しまれるところです。intermezzo の類があれば良かったかもです。

 というわけで、評価に悩んだ一枚でしたが、半額セール時の購入ということも含めて5評価を付けています。
 ちなみに、にんじんわいんさんのHPからSoundcloudに飛べばシリーズの全ての曲の試聴ができますので、気になる方はそちらをお勧めします。

 余談ですが、「フルオケのフォルテに伍するコーラスか……」とその点にファンタジーを感じております。
 こうした音楽が実現する点でも、打ち込みには生演奏とはまた別種の可能性がありますね。実際はフルオケ超強いんで。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]