同人 > 第三種かんきつ類 > こいの刃はいしを分かちて > こいの刃はいしを分かちて

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2016年11月14日
シリーズ名こいの刃はいしを分かちて
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数290ページ
ジャンル

作品内容

刃物鍛冶の職人になるという夢を抱き、あと一歩のところで破れた青年・耐希は、自棄になった末、暗い山中で聞こえた不思議な声に惹かれて歩いていたところ、足下に開いていた大穴に落ちてしまう。そして、気がつくと見知らぬ地で倒れていた。
 全身を打ち痛みで動けずにいたところ、ふらりと現れた古明地こいしと出会い、興味を抱いた彼女に拾われ(助けられ)る。
 連れて行かれた地霊殿でさとりと出会い、タイキは会話の中でこいしの生い立ちを知る。
 そしてさとりは、そんなこいしが興味を抱いたという人間(タイキ)にまた興味を持つ。
 そしてお燐やお空とも出会い、さとりにはからかわれ、お空には真っ向から敵意を向けられるなど、バタバタしながらもタイキの地霊殿での生活が始まる……。
 未来に絶望した青年と、微かな希望を見た妖怪少女が出会う「if」を描いた物語。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ188578
ファイル名/ファイル容量
RJ188578.zip / 15.89MB (16662112Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

こいの刃はいしを分かちての同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「こいの刃はいしを分かちて」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件