({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
お気に入り登録数 : {{ product.wishlist_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2016年11月07日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
MP3
/ WAV同梱
その他
ジャンル
-
ファイル容量
472.1MB

作品内容

「昨日までのキミを忘れたいから」
colate・kamome sano によるフルボーカル・スプリットアルバムが完成!
商業・同人問わずに活躍するトラックメイカー2名が作り上げた、渾身のポップス集。

参加ボーカリスト: 伊ヶ崎綾香、ina (QQIQ)、*spiLa*、TEA、ななひら、なゆ、Yukacco (五十音順)
参加リミキサー: かめりあ、y0c1e
ジャケットイラスト: 西尾雄太
(敬称略)

────内容物────
◇音源(MP3オーディオ・320kbps・ステレオ)
01 colate+kamome sano - opening
02 colate - honey kissing feat. なゆ
03 colate - like a bunny feat. ななひら
04 colate - fuzzy blue feat. Yukacco
05 kamome sano - clover feat. 伊ヶ崎綾香
06 kamome sano - not found feat. ina (QQIQ)
07 kamome sano - starlights feat. TEA
08 colate+kamome sano - Goodbye feat. *spiLa*
09 kamome sano - clover feat. 伊ヶ崎綾香 (Camellia's "Floating Hypnosys" Remix)
10 colate+kamome sano - Goodbye feat. *spiLa* (y0c1e remix)

◇音源(WAVオーディオ・CD音質・ステレオ)
(内容はMP3版と同じものです。)

◇歌詞カード (PDF)

◇ジャケット画像

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「colate+kamome sano - Goodbye, Friend」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

おすすめ!良曲揃い

2017年07月28日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

colateさんkamomesanoさんの曲が好きで欲しいと思っていたのですが、同人イベントなどに行く機会がなく、通販で買おうと思っていたところ、DLsiteで販売していてびっくりして買ってしまいました。

ブックレットのPDF版も入っていてとても満足しています。

多数のボーカリストの方が参加しているので
様々な方にお勧めできると感じます

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!浮遊感を味わえる珠玉のポップス

2017年01月07日  

このレビューは参考になった×3人

トラック5「kamome sano - clover feat. 伊ヶ崎綾香」を目当てに購入。音ゲーに馴染みのあったkamome sanoさんの曲を、大好きな声優さんである伊ヶ崎綾香さんが歌うということで、即決しました。
アルバムを一通り聞いて感じたのは、エレクトロな曲調で、ここまでの浮遊感、アンニュイな感じを引き出せるのかという驚愕。
ダンスミュージックではない、時代を超えても嚙み締められる息の長いポップスが、ここにあります。
もっと評価されるべき。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]