({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2016年10月10日
作家 あまか
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
イベントコミックマーケット90
ジャンル
ファイル容量
58.44MB

作品内容

少女同士の恋愛と友情の間くらいの、微かな百合です。
少女たちのもどかしさをまとめた6つの短編集。

100ページの作品です。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「初恋は君色の」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 5件

ピックアップ

おすすめ!こういう百合漫画を待っていた!!

2017年03月20日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×7人

レビュアーが選んだジャンル :

この短編集はお財布の中の野口英世を二枚差し出しても惜しくないくらいの逸品でした。
とにかく女の子が可愛い。全員デザインが半端なく可愛い上に、外見に似合ったピュアな心を持っています。
加えて心情描写が繊細で、不安や恥じらい、傷心を誤魔化す仕種の一つ一つに魅力が有りました。
最近はノリが軽くて、ただ女の子同士がイチャイチャきゃっきゃするだけの百合も多いですが、
この作品にはそれらにはない、どこかジュブナイル小説じみた味わいが含まれており、
読む人の心を惹き込む魅力が備わっています。
全体的にどのカップリングも素晴らしかったですが、特に最後の二人は最高でした。
この作品は間違いなくお勧めします。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!ぜひ読んでほしい

2018年08月27日  

このレビューは参考になった×0人

※ネタバレ※ このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。 レビューを表示する

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

きらら系かなあと

2018年05月14日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

やたらとDLsiteの広告などで目にしていたので購入してみました。ガッツリというよりはほんわかした雰囲気の百合で、表現として正しいかわかりませんがきらら系列の漫画のような印象かなあというのが個人的に思ったところです。買う買わないの判断の参考になれば幸いです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

爽やかな百合作品

2017年12月02日   投稿数 : 1位

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

私は百合作品が好きなのだけれど、たまにはこういう爽やかな作品もいいと感じた。短編をいくつかまとめたものらしいけれど、その間に入るキャラのイラストも絶妙な間とアクセントになっていてこれはこれで悪くなかった。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

淡い百合

2017年11月04日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

ベッタベタだったりネットリした百合ではなくて、淡くて繊細で優しい百合作品。
絵柄を見ればわかるように、優しい世界観の作品で、女の子同士の恋愛を描いたというよりも百合を描いた作品としかいいようのない作品。
いい意味で濃くない作品であり、物語が描かれているというよりも、日常を切り取って提示したかのような作風はいい意味において普通で日常感にあふれている。
こういった、日常のなかでさりげなく描かれる百合というのは、意外に貴重な作風かも知れず、そういったところが印象に残りそして好感を抱いた。

この作品を説明する場合、物語という言葉よりもエピソードという言葉のほうがしっくりくる。
日常の断片を切り取ったかのような作風は、キャラクターの言動よりも心情に重きをおいて描かれており、雰囲気を味わいながらじっくり読むのがよいだろう。
百合に興味がある人には当然おすすめするが、百合に興味が無い人にも勧めたくなる作品だ。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]