同人 > 檸檬亭 > 艦隊○れくしょん-艦○れ- > 艦娘姫話

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
サークル名 檸檬亭フォローする
販売日 2016年10月06日
シリーズ名艦隊○れくしょん-艦○れ-
作家 大河渡
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数36ページ
ジャンル

作品内容

 吹雪はとある田舎の神社の巫女として生まれた。
 普通の学生として過ごしていたが、そんな彼女の元に海軍の将校と大淀と名乗る少女が訪れる。

 将校の話によれば、吹雪は艦娘になることを選ばれたのだという。
 吹雪はなぜ自分が艦娘に選ばれたのかわからずに困惑する。

 そんな彼女に、将校は艦娘と深海棲艦の謎を話し始める。
 
 かつての戦争によって怨霊となった深海棲艦を打ち払うことができるのは、由緒正しい神社の巫女だけなのだと。そして、そんな巫女たちのことを艦娘と呼ぶのだと。
 
 これは「艦娘の正体=巫女説」の元に、艦○れの世界をオカルト的に解釈した世界観に、とある田舎の巫女であった吹雪が艦娘になることを決意して旅立つまでのお話を加えた物語です。

 同人誌版とストーリーは同じですが、若干手直しをしました。
 また、同人誌では書ききれなかった設定などを書いたおまけページを追加しました。

  全36ページです。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ186215
ファイル名/ファイル容量
RJ186215.zip / 15.35MB (16090948Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

艦娘姫話の同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「艦娘姫話」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!艦娘元人間説の話としてとてもお勧めの話です。

2016年12月31日  

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

紹介の所にあるように艦娘を巫女の設定になっていることで
艦娘=人間説に無理のない説得力を与えています。
他に艦娘=人間の設定の物は公式小説にもありますが、公式小説のほうは某改造人間に近い存在になるのですが、こちらは設定としは昔あった漫画の幽霊掃除人に近い存在になっています。
人によってはこちらの設定の方がわかりやすくていいという人もいるかもしれませんね。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]