がるまに専売

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2016年08月28日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数416ページ
ジャンル
ファイル容量
91.72MB

作品内容

【ストーリー】


――救いとは、如何様なものであろうか。


子供の頃に遭遇した陰惨な事件のせいで母親を失い、それがきっかけになって
心音恐怖症になってしまった青年、ジャック。

彼は古い友人である少女、メアリーの好意を些か重く感じながらも、
墓場を徘徊する悪癖が治っていないとは言え、比較的平穏な日々を過ごしていた。

だがそんなある日、ジャックは墓からの帰路にて、通り魔の被害者を思しき死体と
遭遇する。見れば、その死体は美しい少女のもので、ジャックは衝動的に彼女を
連れて帰ってしまうのだった。

かくして、死体の少女は言った。
「私の心臓を探してくれ」と。

だが、その頼みを聞き入れ、少女の心臓を探し始めたジャックは、
ある日「アリソン」という女の秘密に触れてしまうのだった。

「君は、『アリソン』のことを知りたいか?」

花開くように、溺れるように、美しく秘密は明らかになる。
水底に醜い種を残したまま。


それは、「彼女」の終焉へと至る途。

============================

【仕様】

当作品「ヘデラ」は、R-18Gゲーム「J しかばねジャックと氷の心臓」の一部、
アリソンエンド「ヘデラ」へ至るシナリオを電子書籍用に整えたものです。
そのため、ゲーム内容と重複する部分が多分にございます。また、周回プレイを
前提とした作品の抜粋であるため、結末は迎えますが物語の真相には触れません。
さらに、視覚的な性的表現・グロテスク表現はございませんが、ストーリーは
ゲームと同様、残酷な描写を多く含みます。苦手な方はご注意ください。

本文:416P(表紙、挿絵を含む)
表紙:夜月銀氏の書き下ろしカラーイラスト
挿絵:夜月銀氏の書き下ろしモノクロイラスト
PDF形式、文庫(A6)サイズ

同梱物:
書き下ろし特典SS「それはあまりにささやかな」のPDFファイル
今後リリースされるゲーム内で二周目要素が解放されるシリアルコードのtxtファイル
※書き下ろしSSは、この先行配信版以外に収録・同梱する予定はありません。

特設サイト:
http://red-hostility.com/j/alison/index.html

ゲームサイト(R-18G)
http://red-hostility.com/j/top.html

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「ヘデラ J しかばねジャックと氷の心臓」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!死の上に成り立つもの

2016年09月01日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

[――進んで破滅に向かう人間を、幸福にしてやることはできない]――98ページ

とても面白かったです。切り裂きジャックをモチーフとし、墓場をうろつく男、屍体の少女、健気な幼馴染、男装の麗人とそれぞれキャラが立っており――立ちすぎなくらい――それぞれに秘密がある。
終わらない連続殺人。
狂気と死が蔓延する中、見えてきた真実とは…。
非常に破滅的間違えた魅力的なストーリーで勢いのある小説でした。一気に読み終えてしまった。死体少女が一番生き生きしてる気がする。あ、ゲームの方まだですかね(チラチラ

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]