同人 > 111のデジ同人感想 > エロRPGにおけるゲーム性は幻想なのか、そしてこれからの制作は

DLsite専売

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2016年05月29日
最終更新日2016年06月06日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
TEXT / HTML同梱
その他
ジャンル

作品内容

同人ゲーム界隈についてもの申す、コラムだか何だかみたいなものです。

これを読んで生き馬の目を抜く同人エロゲ世界をサバイバルしようよ、
あるいはもっと深くたのしもうよ。

本文約8574文字。


~見出し~
・フェチエロ・二次創作のエロRPGが少しずつ増えてきている

・”一巡して入ってきた”新世代エロRPG制作者たち

・ゲーム性のあるエロという幻想、魔法が解けつつある

・フェチエロ・二次創作がエロゲにもたらす可能性


本文サンプル、形式は体験版を参考にしてください(txt、html、PDFの三種があります)

作品情報/動作環境

作品番号
RJ178370
ファイル名/ファイル容量
RJ178370.zip / 631.82KB (646983Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

バージョンアップ情報

  • 2016年06月06日
    内容追加
    おまけ漫画追加。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「エロRPGにおけるゲーム性は幻想なのか、そしてこれからの制作は」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

18禁RPGについての考察本

2017年12月01日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

18禁のRPGについて、どのような嗜好の作品が出てきているのか、それは何故なのか、その背景にはどういった事情があるのかなどを具体的な作品例を挙げて考察している評論本。これはこれで読んでみる価値があった。こういう考察はそれなりに業界に詳しい人でないと書けないのかもしれない。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

短時間でわかる、具体事例を踏まえた創作論

2016年06月11日  

このレビューは参考になった×3人

制作サークルさんが発行しているメールマガジンを
編集・加筆されたもので、文章的な作品というよりかは、
雑談に近いような文言で読みやすい形式で描かれている
テキスト系作品です。

フェチ特化・二次創作の作品が多くなってきている傾向を
踏まえて、成功した作品や著者さんがプレイして印象に残っている
作品を具体的に出しながら創作論を展開されています。

具体的な作品を事例に出しながら紹介されているため、
短時間で具体的なイメージを意識しながら楽しむことが出来ます。

複数の具体的な作品が紹介されているので、フェチや二次創作系の作品を作る前に、過去どんな特徴のあった作品があったのか?というような分析などを行いたい時にも、短時間で学ぶことができるような作品です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]