同人 > ヨツツジエコー > 蟲ッ刻 > 蟲ッ刻 第二章〜巡〜

DLsite専売

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2016年05月11日
シリーズ名蟲ッ刻
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル

作品内容

神ッ刻島(かみつどきじま)。
大仰な名前のその島は、太平洋に転々と浮かぶ伊豆諸島に在る。
そこは【物語が生きる】島。

隣の島へ渡るにも数時間の船旅を要する、絶海の孤島。
島を訪れるは、三人の少女。
姫子(きこ)、心魅(ここみ)、奈々々(ななな),。
三人は、島に伝わる神錆びた伝承を耳にする。
【二十五日様】。
神隠し、天罰、呪い。
人々が口にする伝承はそれぞれ微妙にニュアンスを変え、真相は煙に巻かれていく。
島はいつしか暗雲に閉ざされ、三人は分断されていき……。
そして、運命の【二十五日】が訪れた—。

異能力者、伝説、伝承。
奇異なるモノが背後に蠢く、異能伝奇系バトルミステリー。

蟲ッ刻(これ)は、人と神と——物語の(そういう)物語(ゲーム)です。
抗えど、諦めど。箱庭の宴は、終わらない。

中二病患者諸君に送る、極上の異能伝奇ミステリー。

中二病罹患患者の聖典的ゲーム・異能伝奇系ノベルゲーム【蟲ノ目】から、三年。
堂々登場のヨツツジエコー最新作、その名も、

「蟲ッ刻(むしみつどき)」

――神錆びた島では、その夜、何かが起こる。

世界。生命。種族。人間。蟲。
時と、世界と、道と、愛。
ヨツツジエコーが贈る、異能伝奇系ADVG【蟲ッ刻】。
厨二病も設定厨も卒業したくないあなたに。
文字通り、これは、人と神と――物語の、物語。

絶望を味わえ。
異能を感じろ。
物語で遊べ。
この【世界】は、貴方の為に存在しています。

超個性的なキャラクター・ヨツツジエコー節は引き続き炸裂中!

島に伝わる伝承、伝説。そして、呪いのような何か。
語られるのは、ただただ絶望に満ちた結末のみ。
背後には、姫子と貴方には決して見えない何かが蠢いています。
舞台の裏側を推理しながらプレイする事こそが、この刻を存分に楽しむ秘訣です。

仲良し三人組は、とある災害を境に分断され、孤立していきます。
島には、様々な価値観と目的意識を持った人物が潜んでいます。
全ての想いが同時に叶う事はなく、時に敵対し、時に矛盾し合い。
思惑の絡みあうその果てに、物語は――。

物語の臨場感が800%増!のフルボイス!!!

なんと、まさかのフルボイス!
日常の百合百合したシーンが、
神さびた伝承シーンが、
血沸き肉踊る戦闘シーンが!
声優さんの名演技で彩られ、臨場感は800%です!

【キャスト】
姫子 :上川畑 亜美
心魅 :竹内 奈菜
奈々々:成田 佳恵
桜田 :瀬戸 奈保子
紅桜 :古俣 有紀枝
武玄 :宮川 とみえ
遊璃 :片山 加奈
弥子 :大塚 みなみ

作品情報/動作環境

作品番号
RJ177150
ファイル名/ファイル容量
RJ177150.zip / 190.35MB (199601310Byte)
注意事項
この作品は「蟲ッ刻 第一章(RJ169230)」と内容の重複があります。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「蟲ッ刻 第二章〜巡〜」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!今後が期待の伝奇作品!

2016年12月06日  

このレビューは参考になった×2人

ヨツツジさんの作品を蟲の目から見させていただいてます。
今回の蟲ツ刻も、蟲の目に勝るとも劣らない、非常に綿密な設定の舞台と、先の展開の読めないミステリーを繰り広げています。
蟲の目はプレイしてないという方でも問題なく、プレイできる内容になっていますし、勿論蟲の目をプレイした方であれば、より深く、この世界観に浸れることでしょう。
シナリオについては是非その眼で確かめてほしいので、あまり多くは語りませんが、二転三転する展開で、冗長さは一切感じさせません。とにかくどんどん読み進めたくなってしまいます。
そしてなんといっても今作から声が付いたこと。これは非常に魅力的です。またこちらは一章とのセットにもなっていますから、初めての方でも一章から買う必要はなくなっているのも良心的です。
ただしいくつか欠点も述べます。
先ず一つ目が、このゲームの仕様です。UI面などは一般的なノベルゲーとしては問題ないものですが、仕様なのかわかりませんが、ゲーム画面以外、例えばプラウザなどを触ると、ゲームが非アクティブになってしまいます。ながらプレイをしたい、というわけではありませんが、いちいちキャラクターのボイスまで停止してしまうのは少し煩わしく感じました。
次に選択肢です。これは前作からそうでしたが、この作品にはルート分岐というものはありません。勿論選択肢での分岐を作るというのは、シナリオを二つ作るのと同義ですが、やはりノベルゲーの醍醐味は、予測できないストーリーへの緊張感だと思います。特にこうした伝奇モノでは。
良し悪し両者を述べましたが、総評しても値段以上の価値のあるゲームだと思います。このタイプのゲームが好きな方で、購入を迷われている場合はプレイをお薦めします。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]