同人 > GY. Materials > 音源素材 lirara

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2016年04月18日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
WAV / MP3・OGG同梱
その他
ジャンル
-

作品内容

商用利用可の音源素材1曲です。サンプルではモノラルで音質を落としていますが、製品版はステレオ、高音質となっています。

バーとかで歌ってる女性のイメージ。本当はもう少し加藤登紀子というか、紅の豚っぽくしたかったけど、湿っぽくなりすぎるのもなぁと思い、少し明るめのシャンソン風にしてみました。明るくも少し影のある女性なんかが登場するシーンになんかちょっと使えそうかな。

【曲のイメージ】
酒場と言う場所には二つの顔がある。一つは酒の力を借りて大勢で騒ぐ場所。もう一つは、限定された一人の、静かな空間である。

前者は明るく開放感のある店づくりをする場合が多く、対して後者は、やや薄暗く、静かな空間を提供している。特にじっくりと物事を考えたいときなどは薄暗い空間を好む者も少なくない。

有るものはただ黙って酒を飲み、あるものはマスターと雑談し、あるものは読書に耽っていた。

ちょっとした喋り声と、お抱えのシンガーが歌う、落ち着いた曲調の曲だけが、その店で出される数少ない音だった。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ174670
ファイル名/ファイル容量
RJ174670.zip / 13.93MB (14609121Byte)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「音源素材 lirara」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件