同人 > overload Games > 鉄道事業戦略 完全版

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2016年02月12日
最終更新日2017年02月12日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
イベントコミックマーケット84
ジャンル
  • この作品は「シリアル番号発行型」の作品です。 ご購入前に必ず [ シリアル発行について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

鉄道事業戦略は「A列車で行こう」のような鉄道経営シミュレーションゲームです。

【特徴】
・リアルな乗客誘導アルゴリズム
  全ての乗客が目的地を持ち、最適なルートを選択。
  乗客の種類は通常、ビジネス、レジャーの三種。乗換案内までついてます。
・誰でもできる簡単なダイヤ設定
  始発駅と終着駅を選択し、その間の停車・通過設定をするだけ。
・実在する街のマップ
  各地の鉄道会社をモデルにしたシナリオマップが20以上。
  史実と同じように、大きな山や河川があなたの線路敷設を阻みます。

プロモーションビデオ
https://www.youtube.com/watch?v=jSOsdikYuf4

緻密な乗客アルゴリズム

通勤・ビジネス・レジャー。
それぞれの乗客は各々の目的地を持ち、
最適なルートを選択します。
乗換案内までついてます!

簡単にできるダイヤ設定

ダイヤ設定は列車の走る線路の始発駅・終着駅を指定して
走らせたい車両を選ぶだけ。設定ミスによる衝突事故の心配はありません。
必要に応じて駅の通過設定も自由に行えます。

関連事業も駆使して利益を確保

オフィスビル、遊園地、社宅なども建設できます。
単体で利益も出ますが、鉄道の乗客を増やす効果もあります。
またストライキの発生を抑える建物もあります。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ171866
ファイル名/ファイル容量
RJ171866.zip / 59.34MB (62218585Byte)
CPU
Pentium 4 2.8GHz以上
メモリ
512MB以上
HDD
100MB以上の空き
VIDEO
VRAM 32MB以上
DirectX
9.0以上
注意事項
認証動作に関しましてはサークル様によるサポート、弊社サポート対象外となりますのでご了承下さい。
サークル様サイト等をよくご確認頂いた上でご購入下さい。

バージョンアップ情報

  • 2017年02月12日
    不具合修正
    線路容量バグ発生時のための、再計算コマンドの追加(メニュー⇒ヘルプ⇒線路容量再計算)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「鉄道事業戦略 完全版」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!日本の国土の再発見

2016年05月09日  

このレビューは参考になった×4人

レビュアーが選んだジャンル :

戦後~高度経済成長期の日本を舞台に鉄道を敷設してゆく鉄道会社経営シミュレーションゲームです。
体験版ではマップは大阪、名古屋、東京となっており、いずれもこぢんまりとしていますが、
製品版限定のシナリオでは東北や九州、北陸などのマップが登場するようになり、先述の大阪圏、名古屋圏、東京圏についてもより広大で本格的なスケールで登場します。

線路は最高速度に応じて4種類あり、高速で走れるものほど敷設時のコストが高くなります。
空港行きなどのビジネス用途の線路には速さが求められ、あまり快適さは求められない一方、温泉行きの路線では速さよりも快適さが重要になります。

運行している車両は多すぎても少なすぎても損失に結びつきます。
各ダイヤの飽和状況をこまめにチェックし、空きの多い路線では車両を維持費の安いものに交換してしまいましょう、

このゲームをプレイすれば、日本の国土は複雑であり、そして意外に広大であるということを再発見すると思います。
特に愛知県や宮崎県など舞台を「県」に絞ったシナリオでは結ぶべき目的地同士が遠く、わずかな地域で成功を収めたからとすぐに県全体へは着手できないもどかしさに悩まされます。

シナリオ開始時に表示されるフレーバーテキストは、日本の鉄道の発達は常に自動車の普及との競争の関係にあったことを伺わせます。
モータリゼーションシナリオでは、鉄道の速度があまりにも遅すぎると住民に見向きもされません。

以下、すでにクリアしたシナリオです。
・おらどの鉄道(青森県)
・被爆電車(広島県)
・陸の孤島〈宮崎県〉
・市内から郡部へ(東海地方)
・みちのくのインターアーバン(宮城県)

同人で本格的なSLGに飢えている方にぜひともオススメです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]