同人 > paleontology > SeaBed

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

本作は百合要素を含むミステリーノベルです。
物語は三人の登場人物の視点で展開します。

CG枚数/90枚以上
テキスト量/約47万文字

-----------------

過ぎ行く時はとてつもなく深い海の底に沈み続けている。
ときに浮かぶあの日の景色と匂いは揺れて泡のように消える。

心療クリニックの精神科医楢崎は、人がものを忘れる仕組みについて研究していた。
人はなぜ忘れるのか、大事なことを忘れない方法はあるのか。
彼女はある患者の心の奥深くを探るうちに、深い深い海の底へと辿り着く。

都内に事務所を構えるデザイナー佐知子は、取り憑かれたようにものを作り続ける。
同僚の心配も他所に、仕事を続けた彼女は心を病み過去の恋人の幻が見えるようになる。
彼女は恋人の跡を追って暗く長いトンネルを見つける。

療養所で暮らしている貴呼は、幼稚園からずっと一緒だった同性の恋人とどのように別れたのか思い出せない。
彼女は恋人に似た女性と出会い、徐々に思い出を取り戻していく。
記憶の扉を開き続けていく彼女は、最後に冷たく静かな部屋へと足を踏み入れる。

それぞれの目的の元、過去を求めさまよう三人が行きつく場所は何処か。
三つの物語は淡々とした日々の中で静かに進行し、やがて同じ場所へと還っていく。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ170840
ファイル名/ファイル容量
RJ170840.zip / 545.79MB (572302887Byte)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「SeaBed」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 8件

ピックアップ

おすすめ!夢と現実が混ざった海の中で記憶という気泡を探る物語

2016年03月09日  

このレビューは参考になった×10人

レビュアーが選んだジャンル :

sea bedの名の通りまるで海の中でたゆたうような雰囲気の作品です。
主人公の佐知子、貴呼、楢崎の三人から物語が紡がれます。
この作品の特徴として時系列がハッキリしないことが一番の特徴でしょう。
些細な事でもネタバレになるので詳しい内容は書けないのでまずは体験版をしてほしいです。
もし雰囲気が好きなら間違いなくお気に入りの作品になるはずです。
個人的にですが物語のメインである佐知子と貴呼の関係の描写は本当に素晴らしいものだと思いますよ

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

名作

2017年11月11日  

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

あらゆる百合ゲーの中で一番好きな作品。佐知子と貴呼、この二人の関係を巡る素晴らしい百合物語がそこにあった。47万字ものテキストと90枚のCGがこの値段はかなりお買い得。とにかく百合ゲーをやる人は一度はやっておくべき作品であり、百合が好きでない人にもおすすめの名作。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!純愛百合

2017年07月22日  

このレビューは参考になった×1人

二人の強い信頼関係が丁寧で言葉で描かれていて
非常に没入感高く作品にのり込めた
差分は少ないものの時偶挟まれる一枚絵やBGMが雰囲気に合っていてとても良い
ミステリー要素はプレイヤーの想像に任せる部分が多かった

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

ほほう

2017年02月24日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

ミステリー好きではあるものの百合には基本的に興味の薄い私ですが、期待していたミステリ部分よりも百合ゲーとしてがっつり楽しんでしまいました。
じんわりと染み入るような、もどかしい距離感がたまらなかったです。買って良かったー。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!良かったです

2017年02月17日  

このレビューは参考になった×2人

レビュアーが選んだジャンル :

百合ゲーに飢えてる百合好きはとりあえず買っておけばいいと思います。あと、同人ノベルゲーム好きも購入を検討に入れておくべきです。

まずお値段。
ラノベの文字数は一冊15万文字ほどらしいですが、これに対してこのゲームは約47万文字です。約2・3倍です。しかもフルカラーイラストが90枚(クオリティはサンプル通り)が収録されていて、これが漫画一冊程度のお値段です。ノベル系のゲームはテキスト量の大安売りが特徴ではありますが、それにしても破格の値段設定だと思います。
百合モノとしても、とても素晴らしいです。
作品の性質上、甘々な百合!という感じでは描かれてはいませんが、日常では掛け合いなどで何気ない二人の距離感・関係が丁寧に描かれていて、時にCGを挟みながら魅せるところでは魅せてくれます。
また単純に読み物として楽しめます。題名の通り、海に漂うようなどこかほわほわとした雰囲気の中で物語の芯を探っていく感覚がとても良かったです。
ほかにも演出について、細かくSEを挟む、部屋の電気を消すとき一気に暗くなるのではなく画面の真ん中から暗くなるといったことなどをきっちり押さえてあって、何気ないことではありますがそこも良かったなぁと個人的には感じました。

いい買い物しました。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!ヨッシャ百合ADVやんけ!プレイしたろ!

2016年12月01日  

このレビューは参考になった×3人

レビュアーが選んだジャンル :

という軽い気持ちで始めると打ちのめされるでしょう。
萌え系のイラストから惹起されるようなお約束な記号的な展開・掛け合いは控えめで
淡々とした文章から静謐な印象を受ける作品でした。
おそらく、この作品でもっとも重要な「事実」と呼べるものは割と序盤で示唆されます。
ただ、それがどこにあるのか、どうしてそこにあるのか、それを確かめに深い深い海の底まで降りていく、そんなミステリなのだと思います。
切なく重苦しい展開に打ちのめされはしましたが、面白かったと素直にオススメできる作品です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]