({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2015年11月27日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル
ファイル容量
167.27MB

作品内容

遠い昔、幻想郷の地の底に、いじわる猫が一人いた。
あまのじゃくないじわるは、近づくものみな引っ掻いて、自ら周りを遠ざけた。
「あたいは醜い死体運び、死臭が嫌ならどこかにいきな!」
「なんとでもいいなよ。死んだ頃には、なんにも言えなくなるんだからさ。」
思ってもないことを、猫は言う。
不幸の黒猫、死体運びって。こういうものだからと、自分に言い聞かせた。

嫌われ者に声をかけたのは、ねことお揃い、黒色の羽に黒色の髪
でも猫と違うのは、白い服に白いマント。それから、笑顔。

心の優しいカラスと、優しくなりたい不幸の黒猫。
「うそつきうさぎととりあたま」スピンオフ作品。
むかしむかし、地獄に伝わらなかったお話です。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「いじわるねことやたがらす」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

聖なる騎士にはなれなくて

2016年01月10日  

このレビューは参考になった×3人

レビュアーが選んだジャンル :

いじわる猫だって友達のために何かやりたかったのに・・・。
お燐の心情描写が切ないです。
それにしても前作同様、お空が良い子過ぎて眩しい!
わりとキツイ内容も含みますが、お空の純真さが絵本のようなタッチと相まってとても温かな感じがします。
ラストがまたイイなぁ・・・!
是非とも前作と合わせて読んで欲しいですね。これは。

余談ですが、やはり守矢は悪辣。ご愛敬、ご愛敬。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]