同人 > 弐秒殺法☆盛っちゃっ隊 > 空蝉の桜 ―見世物興行譚― > 【小説版】空蝉の桜 -見世物興行譚- 春の章(壱)

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

ハイヨー、ハイ。ややや、そこ行くご婦人に旦那はん。はいはい、ちょっと寄っていきませんか? 今日の夜は此処で一つ一興お見せしましょう。ハイヨ、入った入った。
彼は本当に人の子か? 気が付いたらね。自分の母様分からず、その腹蹴破って出てきて、ハイ。そんな子、産まれないように、見て行ってよ。最初は鬼か人かと家の者は吃驚仰天。災厄をもたらすと鬼は地下に封じられておりましたが、なんと生きております。ちゃんと動いて生きてますよ。エエ、見たこと無いでしょ? 髪も肌も真っ白なら、目だけは赤。これは本当に妖の類か? ほらもうすぐ登場よ。はいはい、入った入った。
まだ前詰めれますからね。お代は後で結構。
ハイヨ、大丈夫ですよ。大丈夫。何もしません、舞台の前まで、しっかりと見えるところで見て行ってよ、ハイヨー、ハイ。さあ、このベルの音がピタリと止みましたら開幕ですよ。
さあさあ、お待ちどうさま。本日の花形。まだここに来て日が浅いというのに、これだけお客さんの心をつかんでしまう。期待の新人ですよ。最後の最後大一番に、さあ見て観て。これが本当に人の子か? おぎゃあと産声上げた時には、もうすでにこの容姿。鬼の化身とおそれられ、流れ流れてこの小屋に先日やってまいりました。ああ、可哀そう。可哀そうと思うならもっと見て行って。大丈夫ですよ、何もしません。見るだけでいいからね。こんな子供、親族に生まれなくて本当に良かった。さあさあ、よってよってもっと前へどうぞ――

******

■概要
大正×見世物小屋
【見世物興行譚 -空蝉の桜- 春の章(壱)】
※シチュエーションボイスドラマ「空蝉の桜 -見世物興行譚- 睦月(RJ165910)」の番外小説となります

PDF形式 20P
(15000文字程度)

作品情報/動作環境

作品番号
RJ166887
ファイル名/ファイル容量
RJ166887.zip / 647.98KB (663530Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

【小説版】空蝉の桜 -見世物興行譚- 春の章(壱)の同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「【小説版】空蝉の桜 -見世物興行譚- 春の章(壱)」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

小説版

2017年10月03日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

前作のシチュエーションドラマCDの番外編だったので、気になって購入しました。
前作よりも前のお話で、座長と睦月の出会いや、睦月の父親の事などが詳しく書かれていました。
内容的に、先に小説の方を読んでから、シチュエーションCDを聴いても問題ないと思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]