({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}

作品内容

『紅キ年の娘は紅ノ巫女となり町の誓刻を果たさねばならぬ』

郊外に位置する自然あふれる町、大外町。
この町には古より『祭月囃子』という祭りがあり、その祭りの中で年頃の娘が舞を披露する風習があった。
そして、今年、舞手として舞台に立つことになった主人公、真封由依。
彼女は真封家に受け継がれてきた特殊な巫女服に身を包み、舞を披露する。
しかし、町の人間に舞を披露することには、もっと深い意味があることを知る。
それこそが『祭月囃子』の本当の意味『巫女の襲名』だと。

そして、その夜…
穏やかな生活に終止符が打たれる。その日を境に町に突然起こり始める、猟奇的殺人と奇怪な事件。
この異常な事件を解決するために、主人公は御使い(みつかい)と呼ばれる仲間を集め、町を縛る古の掟について調べていくことになるのだった。
果たして、大外町に隠された禁忌とは何なのか…
【紅ノ巫女】となりし娘は仲間と共に禁忌に立ち向かう。

■システム
基本ノベルゲームです。物語が進むと戦闘場面も出てきます。
選択肢によって仲間の信頼値(恋愛値)や戦闘に必要なレベル、技が変化します。
信頼値が高いからこそ見られるイベントや、最終奥義があるので是非、いろいろ試してください。

■ビジュアル
立ち絵担当2名。スチル担当5名。総勢7名ものイラストレーターの方々にご協力いただいております。
個性豊かなテイストのイラストが物語を盛り上げるべく様々な場面で登場しますので、より深く物語をお楽しみいただけると思います。

登場人物たちは様々な形で『古ノ禁忌 ―紅ノ誓刻―』に関係しています。
複数のキャラを攻略することで色々な視点から『紅ノ誓刻』とは何なのか、その存在に迫っていただけたらと思います。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「紅ノ誓刻~くれないのせいこく~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

オススメです

2016年12月02日  

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

戦闘とADVの融合作品ということで楽しみにしていた作品だったのですが、期待以上に楽しめました。
スチルキャラデザに7人かたが携わっていらっしゃるみたいですが、どの絵も綺麗で丁寧に描かれていて違和感も感じずにプレイできました。
主人公と攻略キャラの恋愛だけじゃなく、主人公たちの背負っているものや謎を解明して成長していけてるのが良かったです。
続編を楽しみにしています。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]