同人 > セレネステージ > 眠れない月夜は神に祈りを 序章

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2015年11月19日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル

作品内容

金色の月が光る夜。石畳を打ち鳴らし、階段を駆け上る少女がいた。

喧騒から逃れた静かな街。 一人の青年は彼女を見つける。満月を、見つける――。

坂道に囲まれたとある神社。 そこで彼らは出会った。

神のいない、廃れてしまった神社。 そこで彼らは、互いを見つけた。

眠れない少女は祈る。 神のいない、廃れてしまった神社で、ひたすら祈る。

『普通』という言葉の定義が、一般的なそれだとすると。

眠れない身体を持つ彼女は、『普通』から大きく離れていた。

いつの間にか、『普通』から逸れてしまっていた。

そして、彼女を覆う枠の中に入ってくる者は、決まって『普通』ではなかった。

――これは、煌びやかな日常の、その裏側のお話。

東京という街で、照明の当てられなかった人たちのお話。

非現実的な、それでいて、誰もが持つ迷いや悩み、決断のお話。

祈ることしかできない彼女と、祈ることを忘れていた彼と、祈ることが意味を成さない彼女と――

やっぱり、どうしようもなく狂ってる人たちの、ごく一般的でありながら、ごく非現実的な

本当にもう、どうしようもない物語である――。

イベントCG一部

ノベルゲームとしては珍しく、アニメ風のイラストで展開されます。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ166428
ファイル名/ファイル容量
RJ166428.zip / 332.75MB (348908874Byte)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「眠れない月夜は神に祈りを 序章」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件