同人 > 趣味工房にんじんわいん > 東方 漢字一文字 > 雅 -MIIYABI- 幽冥歌聖

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
Download : {{ product.dl_count }}
{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2015年10月31日
シリーズ名東方 漢字一文字
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル
-

作品内容

「桜-紅響楼閣」にはじまった漢字一文字シリーズ第二弾。
東方妖々夢の全曲を壮大なオーケストラを中心としたアレンジしました。

■トラックリスト
01 幽玄境の恋唄 ~ Passege of Cherry Blossom
02 雪の花が散る頃に ~ Fragmentary White
03 遠野郷の迷い猫
04 少女の犯した禁忌 ~ Paper Moon Rhapsody
05 天翔ける花びら
06 幽冥の音色は空の極みに消えて
07 死出の先にある道、白玉楼
08 桜花一輪の誓い
09 あやかしが恋し夢みし桜花
10 幻葬風花伝 ~ Extra Illusion
11 ゆうまぐれに佇む少女
12 桜の花が咲くまでに

作品情報/動作環境

作品番号
RJ164911
ファイル名/ファイル容量
RJ164911.zip / 68.23MB

雅 -MIIYABI- 幽冥歌聖の同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「雅 -MIIYABI- 幽冥歌聖」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!激しくも優美なオーケストレーション。

2017年05月20日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :


 本作は東方妖々夢の楽曲をアレンジしたものであり、その幽玄な世界を激しい曲調のオーケストレーションでまとめ上げた音楽アルバムです。
 12曲54分の内容はボリューミーで、その壮大な世界は始まりの「幽玄境の恋唄 ~ Passege of Cherry Blossom」と終わりの「桜の花が咲くまでに」をリンクさせる形で完結している。
 全体を通して激しい楽曲が目立つだけに、そこでのピアノの簡素さは美しく響きます。特にピアノ独奏の「桜の花が咲くまでに」は本当に美しい。

 販売こそわりと最近ですが、趣味工房にんじんわいんさんの作品としては三作目だそうで(サークル側で設えられている型番もHACW-TA1003となっています)、初出は2006年。
 この漢字一文字シリーズの前作「桜 -SAKURA- 紅響楼閣」が初作のようですから、再販の類になりますかね。
 とはいえ、音質面で問題があるわけではありませんので念のため。

 前作のオーソドックスな内容から比べますと、よりコンセプトを明瞭にした今作のアレンジはより尖った内容であり、非常にクールです。
 ハードロックのテイストやメタルのテイスト、あるいはテクノのテイストなども導入したアルバムのカラーはかなりダークですが、それが原作の音楽の幽玄さとよくマッチしている。
 ハイテンポな楽曲が多いだけに疾走感がある一方で、前述した通り最後に落語で言うサゲのような楽曲もあって、頭の曲へと繋がっている。ヘビロテにも向いていますね。

 趣味工房にんじんわいんさんのアレンジは何作か買わせていただいておりますが、いまのところ最も気に入った作品です。
 各曲について書くスペースはありませんのでこの辺にしておきますが、大変魅力的なアルバムです。
 エレキギターが活躍するようなクールなオケアレンジをお求めの方に強くお勧めしておきます。良いアルバムですよー。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]