({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
サークル名 棒電気フォローする
販売日 2015年10月28日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル
-
ファイル容量
55.76MB

作品内容

大学の一室に足を踏み入れる一人の女性。
彼女の名前は河城にとり。オカルトサークル
「秘封倶楽部」にやってきた彼女の目的は
自ら作成した「夢写し」という機械を使い、
蓮子、メリーの実験データを取ること。
それが恐ろしいことを招くとも知らずに…

32ページの作品です。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「機械仕掛けの夢映し Another」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

にとり可愛い。そして可哀そう。

2016年01月07日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

SF(少し不思議)でホラーな感じ。
蓮子とメリーではなく、関わり合いになった人がおっかない目に遭うお話ですね。割とレアかも?
普通の女の子のように和やかに語らいながら、明らかに「境界」を踏み越えてしまっているというか、
秘封倶楽部の2人自身がオカルティックな存在になってしまっている様子に何か空恐ろしい物を感じつつも惹きつけられる、面白い短編でした。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]