DLsite専売

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
サークル名 Re:Volteフォローする
販売日 2015年09月03日
シリーズ名東方入眠抄シリーズ
シナリオ 水無飛沫
イラスト ぢん
声優 祈流昴弥
音楽 Yu-ki
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
MP3 / / FLAC同梱
その他
ジャンル
ファイル容量
582.72MB

作品内容

「ねぇ、私の太股の感触、どうかしら……気持ちいい……よね?」入眠シリーズ第8弾、月の光と優しい声に包まれて、じわじわと暖かくなる癒しの催眠音声です。24bit96kHzの超高音質対応!

【トラックリスト】
01 注意事項
02 タイトルコール
03 出会い
04 催眠導入
05 童話「狼と赤ずきん」
06 安眠誘導I
07 安眠誘導II
(Bonus Track)
08 狼に喰べられたかったお姫様の童話(原曲:孤独なウェアウルフ)
09 満月に愛された獣の挿話(原曲:満月の竹林)

【ファイル形式など】
HiRES: FLAC形式 / 24bit 96kHz
通常: MP3形式 320kbps / 16bit 48kHz

再生時間:58分51秒

東方入眠抄8 〜影狼さんの月光リラクゼーション安眠誘導〜の同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「東方入眠抄8 〜影狼さんの月光リラクゼーション安眠誘導〜」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 3件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

癒し(2) 催眠音声(2)

癒しと眠り

2018年01月10日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

声がとても入眠音声に適してるなぁと思った。
東方を知らない人でも、眠りやすいのではないだろうか。

ずっと催眠をかけてるのではなく、間にお話を挟むのが個人的にとても良いと思う。
お話の前の催眠でぼーっとなった所での読み聞かせは至福の時間です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!あなたなら・・・どっちを選ぶ?

2017年02月22日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

森を彷徨っていた主人公が影狼さんと出会い、家まで送ってもらうor眠りへと誘ってもらうの選択を迫られちゃう音声作品です(^^♪

もし自分が本当にそういう体験をしたらどうしますか?

素直に送り届けてもらうか、役得だと思って眠りを受け入れるか・・・もちろんその選択は人それぞれ、多種多様と言えるのではないでしょうか。

じわじわ眠りへ誘われる影狼さんの誘眠音声、おススメです♪

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!Re:Volteさんらしい世界観のある催眠音声

2015年09月11日  

このレビューは参考になった×2人

レビュアーが選んだジャンル :

眠れなくて出歩いていた村人が、東方キャラにはち合わせる冒頭はいつも通りだ。今回の東方キャラ、今泉影狼は迷った彼に、家まで送り届けるか、ここで一眠りしていくかの二択を提示する。あなたが村人に自分を重ね合わせて聴いているなら、この時点では、送っていって欲しいと思うのが正直なところだろう。

しかし二択を選ぶ前に、とある体験を影狼と共有する。こちらを翻弄するような態度を見せていた影狼も、うって変わって、寂しがり屋な部分を素直に見せてくれるようになる。この頃には、質問に対する答えも変わっているはずだ

その後、影狼に眠りを促す催眠をかけてもらう流れになるが、先程の一件により、すでに彼女に好意を抱いているあなたは抵抗なく言葉を受け入れられるというわけだ。

いつもながら世界観とキャラの印象を保ちつつ催眠を融合しており、大変良い作品と感じられる。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]