({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2015年04月13日
シリーズ名インディスティンクト+Q
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数計40ページ
ジャンル
ファイル容量
1.29MB

作品内容

「インディスティンクト+Q」シリーズの第7話~第9話です。

 ご購入の際は体験版で概要を確認することを推奨します。また、PDFファイルの閲覧に必要な環境は利用者自身でご用意願います。
 体験版では第7話のすべてが閲覧できます。pdfファイルで構成されている小説です。
 作者は当サークル代表、庫発りべるきです。

 第7話は表紙1ページ、本文13ページです。第8話は表紙1ページ、本文約11ページです。第9話は表紙1ページ、本文10ページです。

ーーーーーーーーーーーーーー

 <予告>

 ・第7話 威力強過ぎ
 26歳の男性は2丁の拳銃を入手。一つは威力が低く、ちょっとした防壁で止まってしまう。
もう一つは貫通力が強い弾を使用するため、貫通した弾が無関係のものを巻き添えにしないよう十分注意する必要がある。
 それを考えた男性は……

 ・第8話 弾圧、俺達じゃない
 41歳の男性公務員は、ある行政機関の地方の拠点地が勤務先。自分達が関わっている調査がらみで何者かにとって都合のいいようにしようとする動きがあると一部で報道された。
 男性公務員やその上司、そして東京の本拠地にいるもっと上の人たちも、正確なデータが必要なのにそんなことをされては自分達が損害を被るのに、と戸惑う。

 ・第9話 代償と支払い
 春休みの日曜、もうすぐ高校二年になる16歳の女子高生がテレビを見ていると、ある地域の山間部の住民にインタビューをしている。
 リポーターに答えていたのは年配の女性だった。その様子を見て、あんなことをしておいて、よくもまあ平然と笑顔を振りまくことができたものだと思った女子高生は怖いことを考えてみる。
 それから日数が経過後、しまっておいた小さな箱を取り出し……

インディスティンクト+Q 第7話~第9話の同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「インディスティンクト+Q 第7話~第9話」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件