同人 > F.T.W. > 三文字 > 死埋葬

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
サークル名 F.T.W.フォローする
販売日 2015年02月14日
シリーズ名三文字
作家 千葉ノダヲ
シナリオ 千葉ノダヲ
イラスト mame
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
イベントコミックマーケット87
ジャンル

作品内容

冬のある日、
わたしの妹は学院の屋上から中庭にその身を投じた。

籠目聖心女学院(かごめせいしんじょがくいん)。

それはさながら少女たちの花園、子羊たちの楽園。
過去に取り残されたかのような閉じた世界で、
妹の体は宙を舞って重力に引かれた。

妹は無事に一命を取り留めたものの、
その身は意識不明の重体に陥った。

そしてわたし――頬椋遠(ほおむく とおく)は、
妹が飛び降りた原因を探る為に
親友である瑞海雫(みずうみ しずく)と共に捜査に乗り出すのだが――

【作品紹介PV】
https://www.youtube.com/watch?v=PmLb0PmnNfQ&feature=youtu.be

作品情報/動作環境

作品番号
RJ150181
ファイル名/ファイル容量
RJ150181.zip / 116.73MB (122397172Byte)

死埋葬の同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「死埋葬」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

学校/学園(2) 百合(2)

素晴らしい

2017年10月27日  

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

静かでしっとりとした出だし。
ただ、その後はラストまで
衝撃の連続。
次々に明らかになっていく真実に
ただただ驚かさせられます。


暗いストーリーに耐性がない人は
ただただ「気持ち悪い」という感想
を持つだけで終わりそう。
決して後味がイイ内容とはいえない。


個人的に
こういう人間らしい内容は好きですけど。
死を近くに感じているキャラたちの
言葉は心にグサグサ刺さります。


ダーク系ノベルを探している方に
絶対オススメ。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!これは、すごい・・・

2015年03月18日  

このレビューは参考になった×3人

レビュアーが選んだジャンル :

百合物語は幸せに終わらない事が多々あることは重々承知しているつもりでしたが、そんな自分でも驚嘆するほどに、人間にとって最大の不幸、最大のストレスである死が満ちているお話です。

学生だからとか、女同士だからとかではなく、登場人物たちの言葉が、行動が、思考が、全て悪い方へ悪い方へと向かい、結果人生の道を踏み外していく。

特に、語り部役のキャラクターの
「この世に生まれ落ちたことこそが最大の貧乏クジで、だからこそ、赤子は泣き叫ぶのではないか?」
という台詞を見た時は正直ゾッとしました。

話の内容自体は、ファンタジー要素的な展開や設定も含まれあまり現実的ではないかも知れませんが、現実に「生きる」人間として、怖いくらいに読み応えがありました。

あまり安易に他人にすすめられる内容ではないとは思いますが、今一度「人間」の「生」と「死」について深く深く考えさせられるこの話、おすすめです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]