同人 > 旅するアニフォト > 腕がなく声がでない子がネトゲ廃人

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2015年02月18日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル

作品内容

腕の欠損と声帯不全により隔離病棟での療養を受けるレイカ。
天才的なゲームセンスを持った彼女は、ネットゲーム「ピグマリオンコア」で活躍する中、少年ケータと出会う。
彼への恋心が芽生えるレイカだったが、ケータのオフで会いたいという強烈なアプローチに自らの身体を顧み、落ち込んだり。
そんなレイカに対し、同じ病棟のヒメは、病棟から脱出してケータに直接合ってみないかと提案するのだが…

レイカとケータの二人の関係は果たしてどんな結末を迎えるのか。
両腕を失った少女のガール・ミーツ・ボーイコミック。

36ページの作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ149794
ファイル名/ファイル容量
RJ149794.zip / 30.17MB (31630527Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「腕がなく声がでない子がネトゲ廃人」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 3件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

少女(2)

ピックアップ

ロリっ子の全裸シーンあります(小声)

2015年02月21日  

このレビューは参考になった×5人

レビュアーが選んだジャンル :

境遇としてはかなり苛烈なものの、絵柄から受ける印象通り鬱々とした話ではなく安心して読める展開でした。
お友達の少女に焦点を当てた別作品なんかあれば呼んでみたいですね。

普段R-18作品ばっか買い漁ってるけど、こういう作品を読むと心が浄化される気がしますね。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

ハッピーエンドで、しかも可愛い

2015年05月06日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

サンプル通り、肘から先が無く声が出ない女の子が
ネトゲで知り合った男の子に会いたいと思う漫画です。
4コマずつなので物足りない感じはありますが、ストーリーもあって、ラストで「良かった!」となる作品だと思います。

ボイスチャットをしたいけど声が出ないことと
(装置で一応声は出せるけど普通の声を出したい)
会いたいけど腕が無いことで悩む様子で切なくなりましたが、
仲間の協力もあって、最後に2人が会えるようになって良かったです!

デフォルメ・頭身低めでキャラが可愛いですが、
個人的には、「なでなで~」の『ゲームやる(キッ)』のレイちゃんが特に可愛くて好きです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

組み合わせが!

2015年04月13日  

このレビューは参考になった×2人

どうしてこれを混ぜた!って具合な組み合わせ。タイトルからして「おぉっ!?」と。
隔離病棟に入院中の女の子。先天か後天かはわからないけれど、両腕欠損と声帯の機能不全。そんな彼女は入院中にもかかわらず、入力デバイスを駆使してFPS(一人称視点シューティング)っぽいアクションゲームの名人。というか廃人。
そんな彼女はゲームの向こうにいる男の子からボイスチャットに誘われるけれど、声帯が不全のため喉に当てる補助器具を通して、しかもきれいな声では話せない。
でも男の子は彼女に会いたくて、それを知った入院仲間の女の子は…?

基本4コマで話が進んでいくのでその間に何があったか、というのがちょっとわかりにくいけれど、何度か読み返して「ああ、ここがこうつながるのか」と納得…できるかどうかは読み手の問題なのかなぁ。具体的にはM先生がモニタリングしてるとことかスミレが介入するとことか。
そして同作者さんの他の作品にも出てくる介助機器の具体的な描写。実際こういう描写がある作品を他にほとんど知らないので、現在の技術はどのくらいまで進んでいるのかを改めて認識できます。インプットデバイスもさることながら、リハビリ機器なんかも細かい。興味がある方にはもちろん、縁がないやとお思いの方にも楽しめるかと。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]