同人 > ぺーるとーんれいんぼぅすたー > ちょこっとヴァンパイアな彼女との > ちょこっとヴァンパイアな彼女からの危険な(?)求愛系吸血!

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

ボイスドラマ制作サークル ぺーるとーんれいんぼぅすたー 第7作
『ちょこっとヴァンパイアな彼女からの危険な(?)求愛系吸血!』

--------------------------------------------------

■あらすじ

「あなた、私と付き合いなさい!」

突然あなたに声をかけてきたのは、自称「吸血鬼」の少女だった!
ひょんなことからあなたの血液の虜になった少女「朱音(アカネ)」

「またその血を舐めさせてほしい」とあなたにつきまとうようになった朱音とあなたとの、
総再生時間3時間以上にも上る、ちょっぴり危険でいちゃラブな物語。

バイノーラル録音でささやかれる愛の言葉の数々を、是非お楽しみください!


総再生時間(03:33:06)
--------------------------------------------------

CV:和鳴るせ
脚本:卯月桜
制作:ぺーるとーんれいんぼうすたー

3段階で描かれる、「恋」と「愛」の物語。

本作品は、ひとつの恋愛の進化/深化を比較的長期間にわたって描いた作品で
大きく分けて3つのパートに分かれています

Chapter1~5では、恋の最初の段階
「あなたの血」に惚れた少女が「あなた自身」を愛するに至るまでの
一目惚れから恋人同士になるまでを描きます

Chapter6~13は、とある1日のお話
風邪を引いて寝込んでしまったあなたを看病しにきた朱音
あなたの家で繰り広げられる、恋人同士の一夜限りの同棲生活を描きます

Chapter14~19では、その後のお話
大切な、特別な時間を二人で過ごす。
「恋人」の次のステップを、二人で歩む未来を見据え、更に愛を深めていく二人を描きます。

登場人物紹介

名前:朱音(アカネ)
高校3年生 普通の人に紛れて生活してる吸血鬼(の末裔)。
偶然舐めた主人公の血液の味に惹かれて、それから付きまとうようになる。

収録トラック一覧

  • Chapter1:甘い匂いに誘われて(18:54)
  • Chapter2:おいしいキズアト(07:48)
  • Chapter3:ふつうの恋(14:12)
  • Chapter4:恋人つなぎ(05:38)
  • Chapter5:朱い告白(25:11)
  • Chapter6:あなたの手を握ってる(08:53)
  • Chapter7:秘密の甘露(05:58)
  • Chapter8:MorningTune(02:18)
  • Chapter9:あなたの夢を見た(05:39)
  • Chapter10:温度と湿度と匂いと味と(13:46)
  • Chapter11:扉越しのバスタイム(07:39)
  • Chapter12:膝上20センチメートル(03:32)
  • Chapter13:ないしょのへぶん(11:02)
  • Chapter14:年越し側(ソバ)(29:09)
  • Chapter15:こたつでおねむ(02:56)
  • Chapter16:願い(09:02)
  • Chapter17:いっぱいの愛を(18:28)
  • Chapter18:ここから見える未来は(03:35)
  • Chapter19:エピローグ(19:17)

作品情報/動作環境

作品番号
RJ147133
ファイル名/ファイル容量
RJ147133.zip / 722.62MB (757717422Byte)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「ちょこっとヴァンパイアな彼女からの危険な(?)求愛系吸血!」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

ピックアップ

おすすめ!甘くて激しい恋物語

2015年12月25日  

このレビューは参考になった×8人

CVが和鳴るせさんという事で前々から気になっていたのですが、今回半額になっていたので購入させていただきました。
内容としてはもう甘くて甘くて、甘さで煩悩が溶けるかのよう。
ブルードネージュもびっくり!もうアイシングされた砂糖をそのまま食べているかのような純粋な甘さです!
シナリオライターの方のセンスも本当に詩的で素敵で...もう非の打ちどころが見当たりませんでした。

全体としてシナリオが女性的な感じかもしれないです。男性の書くシナリオが、時たま直球過ぎるように感じる私にはぴったりでした。
程度の低い直接的な下心の描写がなく、主人公は大抵紳士的です。
その中でどこまでも深いような純愛が、かなり糖度高めのロマンチックな表現で描かれています。

血への下心から始まる恋は始めこそとても切なく、苦しい時間がありますが、1度恋人同士になった後は底なしにお互いがお互いへと一途に沈んでいきます。
心情の描写は激しく、だんだんと心が変化・深化していく様はパフェを食べているかのよう。
最後は底で溶け合うのです。

途中で語られる周囲の人々についてもキラキラした微笑ましさが散りばめられていて、朱音たちの暮らす幸せな今が良く表現されています。
もちろんそんな彼らもその1ピース。

このサークルさんのあまあまさが好きな方。
和鳴るせさんの声が好きな方。
ロマンチックな表現で描かれるちょこっとヴァンパイアの恋模様が気になる方。
是非購入をご検討ください!

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!あまあまな作品。思った以上に吸血シーンが多いのも◎

2017年11月15日  

このレビューは参考になった×0人

※ネタバレ※ このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。 レビューを表示する

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!初めてバイノーラル作品を買いました。

2017年08月26日  

このレビューは参考になった×0人

タイトルの通り、初めてバイノーラル作品を買わせていただきました。
この世界の門を叩いた時に触れたのはいまやネットに数多くある無料の作品などで、暫くはそれで満足していたのですが、数に限りがあり、尚且つ音質などでどうしても上を求めてしまうものです。
そうしてタイトルに目を惹かれつつ、買わせていただいたのですが、はっきりいって大満足でした。いやはや、製品版の良さに触れてしまいもう戻れない、と言った所でしょうか。
さて、この作品は具体的にどうだったかというと、1話目の感動から始まり求愛純愛といったタイトル通りの期待を裏切ることなくひらすらに蕩けることが出来ました。途中(看護のあたり)から何も考えずに聞き、吸血され、萌え爆ぜ、次の作品を買う決意をする事に何も抵抗はありませんでした。
買って後悔はない作品です。何ヵ月か前の自分にそういってやりたいです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!いい

2017年08月25日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×1人

※ネタバレ※ このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。 レビューを表示する

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

質の凄く高いラブストーリー!

2017年05月12日  

このレビューは参考になった×0人

ヒロインが吸血鬼という設定抜きでも十分に甘々な作品になったと思えるくらいにすごくいい作品です。そこに上手く吸血鬼要素がはまっていると思いました。
単純にイチャイチャしているシーンだけではなく、想いが届かず切なさでいっぱいの本音を吐露するしーんがあったのもほんとの恋愛のようでよかったです。
朱音の声が本当にかわいいです。泣き声でぐずっている声ですらキュンとしてしまいました。普通ならむずかゆく感じるようなセリフでもなんの違和感もなく聞けます。和鳴るせさんが好きならぜひ買ってほしいです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

三時間楽しめる甘さの限界にチャレンジ

2016年08月28日  

このレビューは参考になった×1人

ちょこっとヴァンパイアな彼女と心を通わせ、恋人同士になっていくという甘い甘い物語。
甘さは前面に押し出されているとは思うのですが、3時間聞いて胃もたれしないけれど激甘というラインを攻めていっていて素敵でした。

(ちょこっととはいえ)吸血鬼である、という出自のせいか、どことなく主人公に対して距離がある朱音さんがとてもいじらしく、微笑ましい気分になりながら聞くことができました。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]