同人 > 木持アート出版 > 太陽の騎士

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2014年10月12日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル

作品内容

中国の山奥、武闘流の印可を受けた日本人青年、神村信一は
太陽神一族の宿命を知り、悪の暗黒神一族と対決することを知る。
日本に帰り、教師として生活する一方プロレスラー太陽の騎士となり、暗黒神一族格闘家キング・サムソンと対決する。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ141911
ファイル名/ファイル容量
RJ141911.zip / 137.06MB (143720777Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「太陽の騎士」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

おすすめ!全編を満たすみなぎる熱さ。

2015年04月03日  

このレビューは参考になった×1人

各方面で密かな話題になっているらしい木持アート出版さまの格闘アクションまんが。スーパーレディレナちゃんではムッチムチのスーパーレディ達が主人公だったが今回は少年格闘漫画タイプの筋肉質青年が主人公だ。

 のっけから激しいアクションシーンの連続。主人公の格闘技に合わせたダイナミックな構図とコマ割りは熱い。とくに12頁から13頁にかけて拳法の連打技からバックドロップでとどめを刺すシーン、主人公が敵を高々と持ち上げて空が映るアオリ視点のストップモーションのコマが入ることにより決め技感が出ている。

 組手の相手が普通に銃とかヘリコプター使ってくるところで「あれ? これって199X年地球は核の炎に包まれた世界じゃなかったんだっけ?」と一瞬思ってしまった。あと中国の山の中で突然現れたワニ(師匠が用意したんだとは思うが)に対し、拾った銃を撃つのかな……と思わせて銃で殴る! 太陽の騎士は邪悪な武器商人が創りだした兵器など使わないのだ! そう、主人公は太陽神一族(一族とは言うが血は繋がっていない)の太陽の騎士だったのだ。太陽の一族は、軍需産業を興し世界を裏から操っている悪の暗黒神一族と戦う運命にある。

 太陽の一族ということを隠して教師として市民生活をする主人公。「あ~僕ぁウドの大木だ! あ~子供達にバカにされなければいいが!」この台詞がやたらキマってる。学校では頼りない男を演ずる主人公のキャラがいい。ん? こういうキャラどこかで見たことが……いや気のせいだな……

 全編を満たすみなぎる熱さ。まんがが描きたい。でもどうやって描いたらいいかわからない……そんなこと言ってる暇があったら描くべし。そして太陽の騎士を読むべし。まんがには情熱が一番重要だということを思い出させてくれる一冊。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!なにこれ面白い・・・(笑)

2014年10月16日  

このレビューは参考になった×2人

好奇心に耐え切れず購入。北○の拳っぽい導入ですが一峰○二先生と川内○範先生、そしてタイ○ーマスクへのリスペクトを感じます。
見ての通りヘタウマ漫画なのですが、ギャグでも照れ隠しでもない大真面目感に好感。学生時代に友達がノートに描いた漫画の面白さそのものの天然性とダイナミズムと言ったところでしょうか、この味わいは癖になりそう。
ストーリーのテンポもコマ割りもこなれていて読んでいてストレスは感じません。格闘技の戦いで世界の命運を背負っちゃったりアステ○イザーや飛○の拳とかが好きな人には楽しい世界観です。
根源的な創作の楽しさ・喜びを感じる一作。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]