({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2014年09月03日
最終更新日2016年09月11日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
PDF / ePUB版/mobi版同梱
その他
ページ数73ページ
ジャンル
ファイル容量
1.82MB

作品内容

人類が宇宙にまで進出した超未来、その遍く星々は神々の手によって統治されていた。
私たちの地球は文明の進化の末、凄惨な結末を迎え一度滅んだが、その生命力によって息を吹き返した。
だが生き残った人類の子孫は、この星を二度と汚してはならぬと誓い、遠く外宇宙へと旅立って行ったのである。

その後。人類は地球型の惑星を見付けては移住を開始し、その数は次第に増えて行った。
最初に人類が降り立った地球型惑星は『ウーノ』と名付けられ、以降、移住が進んだ順に番号がそのまま名前を表すようになった。
が、突如として『ウーノ』を襲う謎の病原体。これに冒されると、人類は蟲化してしまうという、恐ろしい物だった。
しかし、神の血を持つ少年の力により、人類は僅かな光明を見出す。だが少年一人の力で全人類は救えない。
だが少年は言い切った、『この星は僕が守る』と。その時、少年は命をも賭す覚悟であった。
そしてそこへ、9番目の地球『ノーヴェ』からの旅人と知り合う少年。彼はその度人との出会いにより、生きる目的を見出した。そしてその目的はいつしか『愛情』へと昇華していく。

これは、そんな二つの『地球』を舞台として展開し、主人公たちの青春の光と影を弄ぶ悪魔の子守歌である。

バージョンアップ情報

  • 2016年09月11日
    内容追加
    amazon kindle用の電子書籍(mobiファイル)を追加致しました

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「Sacrifice -終わりのない贖罪-」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件