同人 > L同盟 > 戦国BAS○RA > SalsaBazaar

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
サークル名 L同盟フォローする
販売日 2014年06月19日
シリーズ名戦国BAS○RA
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数36ページ
ジャンル
-

作品内容

「人を招く家?」
 口に運びかけた団子を途中で止めて、いたずらを思いついた子どものような顔の男を、幸村は見つめる。
「そ、人を招く家」
「キキィッ」
 頷く彼の肩で、小猿も頷く。
「なんでも、遭難しそうな人を屋敷に招いて、手厚いもてなしをしてくれるんだとさ。で、一晩過ごして朝になってみれば、そんな屋敷は影も形も無くなって、山道の側で目が覚めているってぇ話だ」
 持ち上げていた団子を皿に戻し、真○幸村は瞳を輝かせて前○慶次に顔を寄せる。
「なんとも親切で不思議な話で御座るな。して、それがこの甲斐の山にて起こっておる、という事に御座るか」
「ま、そういうウワサってことで、それを確認してみようかなってさ。な、夢吉」
「キィ」
 ふうむ、と二人の様子に少し考えて、よし、と深く頷いた幸村が背筋を正した。
「某も、同道させていただきたい」
 あいにく、こういう事を軽く諌めつつ止めてくれる彼の忍は、任務中で不在であった。

 ~~山に出かけた二人は家に招かれ、胸奥に住まう遠い人と語らう。~~

作品情報/動作環境

作品番号
RJ136172
ファイル名/ファイル容量
RJ136172.zip / 1.35MB (1416790Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

SalsaBazaarの同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「SalsaBazaar」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件