({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
サークル名 L同盟フォローする
販売日 2014年06月17日
シリーズ名戦国BAS○RA
作家 水戸もない
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数44ページ
ジャンル
-
ファイル容量
756.17KB

作品内容

「よお、毛○ぃ」
 両手を腰にあてて、親しげに声をかけてくるのは人ではない。
 西海の鬼。
 名を、長曾○部元親と言う。
 縁あって目の前の男、毛○元就の式となっていた。ただの式ではない。命じられたことをするわけではなく、自分の意志で動く。
元就に意見もする。友のようなものと言われれば元就は酷く顔を歪めるが、それが二人を表現するのに一番近い言葉であった。
「我が駒が、我に何の用ぞ」
 ゆっくりと振り向く元就の瞳は、わずかに不機嫌な色を宿している。
「いずれ、話が来るだろうけどな。――――雨を降らせてぇ」
「雨……だと」
「竜神と顔見知りになっておくのも、だろう?」
 ちらり、と元就が元親を見る。ふんと鼻を鳴らして目を逸らす元就に、軽く肩をすくめてみせて、大股に近づきしゃがんで顔を覗いた。
「竜神との話は俺がつける。毛利、あんたは道を作ってくれ」
 逸らされた目が、元親の目に戻る。それを逃すまいと、元親は顔を近付けた。
「奥州とここの間にゃ、甲斐がある」
「――――百足衆か」

白砂青松の同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「白砂青松」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件