同人 > L同盟 > 戦国BAS○RA > 緋の砂

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
サークル名 L同盟フォローする
販売日 2014年06月15日
シリーズ名戦国BAS○RA
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数44ページ
ジャンル
-

作品内容

暗闇の中で一人、幸村は立っている。――――立っているらしい。というのも、闇というよりは黒というほうが似合う空間で、上下の感覚が無いからだ。
足の裏に地面の感覚が無い。ただ、立っているような格好をしているから、立っていると思っている。目を凝らしても何も見えない。何も感じない。
それなのに幸村は、不安も不満もなく――――懐かしさを感じていた。
 ――――ここは…………。
 浮かぶ疑問も黒に塗り潰される。赤い彼の鎧も、褐色の肌も、黒に塗り潰されずにいるのが不思議なくらい、黒しか無い。
 ――――ら、……き、む、ら。
 どこかから、声が流れてきた。ひどく懐かしい気のする声音が、幸村を呼ぶ。
 ――――む、ら……ゆ、き、む、ら。
 ぼんやりと、黒の中に赤がにじみ出てくる。それは、ゆっくりと人の形に凝った。赤い着物を来た童子。男にも、女にも見える。
肩まで切り揃えられた髪は漆黒であるのに、空間の黒からは浮いていた。肌は、白い。淡く光っているかのような肌が――――手が動くと、軌跡が線となって残るような気がした。
 ――――ゆ、き、む、ら。
 唇が動いていないのに、幸村の耳には声が届く。
「そなたであったか」
 幸村は微笑み、童子が伸ばしてきた手を取るために、腕を動かした。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ136169
ファイル名/ファイル容量
RJ136169.zip / 656.59KB (672350Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

緋の砂の同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「緋の砂」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件