({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2014年05月28日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル
ファイル容量
250.07MB

作品内容

「――私は、稗田家頭首。私の使命は、『幻想郷縁起』の編纂」
分かっている……自分が『稗田』だということを。
理解している……自分のやるべきことを。
覚悟している……自分の運命を。

この里には、『稗田』という名家が存在する。
人々は『稗田』の力を認め、崇拝していた。
この物語は、そこで暮らす私の物語。
それは、私の記憶か……『私』の記憶か。
転生を繰り返す『私』には、分からないけれど。
……関係ない。私は、『私』の命は幻想郷縁起のためにある。
そう……全ての出会いは、『稗田』のために。


東方二次創作ノベルゲーム第二弾。今回は稗田阿求が主役です。
転生を繰り返した阿求、不老不死の妹紅、半獣の慧音など様々な登場人物の想いが入り乱れた物語を、
どうぞお楽しみください。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「東方稗想録」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

おすすめ!ストーリーがよく引き込まれる

2016年02月09日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

最初から暗い雰囲気でしたが
人の嘆きを凄く表現した作品で
東方を知らない人でも楽しめる作品だと思います
全三章の構成でその一章に違った嘆きや周りを取り巻く環境が物語をより味わい深い物にしてくれました
真実と幸せは必ずしも共存しないと言うのがぴったりの作品だと思いました

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!良作中の良作

2014年06月08日  

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

東方の二次創作ノベルゲームで、原作書籍に登場の稗田阿求が主人公。
あっきゅんメインの同人誌は有るけどこういう形でのノベルゲーって珍しいんじゃないかな?

作風はシリアス。
シリアスな作りって意味では前作の「東方逢縁譚」とも似てるけど、前作がキャラの熱い部分とかも結構あったのに対し、今作はわりとしっとりめ。
主人公あっきゅんだしw
でもストーリーはがっつりのめり込める作りになっている。

最初キャラ間の人間関係に違和感感じるかもだけど、実はそれ自体ストーリーの仕掛けになってるものなんで、
「あれ? キャラ設定ちがってんじゃね?」とか言って最初で投げ出さないように。
じわじわわかるから。

ボイス周りは今作もフルボイスで、相変わらずいい声、いい演技。
前作から引き続いたり配役チェンジで参加してる声優さんもいるので嬉しいところ。
ただ個人的にはちょっと小町の声が聞きづらいかなーとか。
それはそれでいいんだけどもね。他の音量調整でも対応できるし。

キャラデザは今作もかわいくてキレイ。かわいくてキレイ。(大事なことなのでry)
今作初キャラでの個人的お勧めはこまっちゃん。
頭身低いのに、なにあのたゆたゆばすt(
ストーリーでいい味出してるキャラだしね。
あとはえーき様の神秘的なまなざしもええですな。

作業環境も相変わらずいい。
とにかく全体的に色遣いが繊細でキレイなんで、メニュー開くのも苦にならない。
進行中のロード周りとかの機械的な待ち時間がほとんど無いんでストーリーを冷めさせるタイムラグが気にならないのも嬉しい。

総評すると、ストーリー的にもデザイン的にも環境的にもかなりしっかり作りこまれてるって感じ。
前作未プレイでも大丈夫。
ただ、もし今作に惚れ込んだら前作もプレイするといい。

レビュータイトル通り、良作中の良作の一つ。
一つの物語として永く楽しめる作品だと思う。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]