({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
サークル名 土塊フォローする
販売日 2013年08月22日
シリーズ名土塊ホラーシリーズ
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル
ファイル容量
132.1MB

作品内容

■■■■■■■■■ストーリー■■■■■■■■■

ある小学校に通う「佐藤 希夢(さとう きむ)」は
クラスメイトの
「二ノ宮 高大(にのみや こうだい)」の口車に乗せられ
隣町の廃校で肝試しをするはめに・・・

肝試しには、希夢と高大の他に
希夢の友人の「御名方 さくら(みなかた さくら)」と
希夢の弟の「佐藤 叶夢(さとう とむ)」も参加することになり
いよいよ廃校の探索が始まる・・・

だがこれは、ただの肝試しではなかった

今、日本中で「皆殺し学園」という
不気味な噂がささやかれているのだが
希夢たちが探索しているこの廃校こそが
その「皆殺し学園」の可能性もあったからだ・・・

「皆殺し学園」に夜遅く入ったものは
『呪いの七不思議』に襲われて生きては帰れないという・・・


果たしてこの不気味な廃校は
噂の「皆殺し学園」なのだろうか?


■■■■■■■■■■特徴■■■■■■■■■■■
特徴1 選択肢によりシナリオが変化!

特徴2 豪華声優陣を採用!
    その臨場感を体験せよ!

特徴3 圧倒的美麗映像が
    ゲームの世界を盛り上げる!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【オススメプレイ順番】
ゲームを一番楽しむために
以下の順でプレイする事をオススメします。
(1)死の霊園 零
(2)書いてある 零
(3)生と死の穴 零
(4)こっくりさんの墓 零
(5)災いの日本人形 零
(6)アカとテケテケ 零
(7)廃校の七不思議 零 ←今表示中のソフト
(8)邪鬼の饗宴 零(R15指定)

なお、本作品は「シリーズ」とうたっていますが
この作品単体でも十分 お楽しみいただけます♪


より詳細を知りたい方は、下記のページまでお越しください。
http://www.ds-tuchikure.com/nana.html

★★★★★お得情報★★★★★

■お得な「土塊ホラーシリーズ 全部パック第一弾」も販売しております。
 http://home.dlsite.com/work/=/product_id/RJ052205.html

■お得な「土塊ホラーシリーズ 全部パック第二弾」も販売しております。
 http://home.dlsite.com/work/=/product_id/RJ072395.html

作品情報/動作環境

CPU
Pentium 以降
VIDEO
65536色 (TrueColor, 16bit) 以上
DirectX
DirectX9 以降

注意事項

この作品は「廃校の七不思議(RJ075247)」と一部内容の重複があります。

廃校の七不思議 零の同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「廃校の七不思議 零」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

シリーズ第7弾は学校の七不思議

2017年11月22日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

身も凍る恐怖体験をしてから数年。
いまだにトラウマとなっていた姉弟だったが、
それを払拭するため悪友とともにいわく付きの廃校へ肝試しに行き・・・

変わらずに雰囲気のある絵が特徴で、夜中に一人でやるのがおすすめです。
今作だけでも楽しめますが、シリーズものであるため
ナンバリングどおりにプレイした方がより楽しめます。
(特に5番目の災いの日本人形に関連あり)

今までと作風が少し変わったかなと思ってましたが、
"鬼才「花乱」が描く"とあるとおり今作シナリオは専門の人が書いたようですね。
それだけに今までより恐怖度アップ・・・かも?

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]